MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

道と路がわかる事典2章 国道・高速道路の雑学 >

インターチェンジ
【いんたーちぇんじ】

眼下には日本海、海の上のインターチェンジ

インターチェンジは、高速道路と一般道路とをつなぐ役割を担った高速道路には、必要不可欠な施設といえよう。車はインターチェンジの流入口で充分に加速し、本線の車の流れの中にスムーズに入っていけるような構造になっている。もし、一般道路と高速道路の間に、インターチェンジがなかったらどうなるのか。高速道路入口付近の一般道路は大渋滞し、高速道路本線への流入地点では、衝突事故が頻繁に発生することだろうインターチェンジがなければ、高速道路としての機能は果たせないのである
どこにインターチェンジを設置するかによって、車の流れが大きく変わり、その地域の発展をも左右するだけに、沿線に住む人々も無関心ではいられない。インターチェンジは道路の状況や、設置箇所の地形などによって、それぞれ異った形式のものになる。その種類としては、トランペット型、ダイヤモンド型、TまたはY型、クローバーリーフ型などさまざまなタイプがあるが、日本では、設置スペース比較的狭くて済むトランペット型や、Y型のものが多いようである
インターチェンジの建設には広大な敷地が必要なだけに、特に都市部での用地の確保は深刻だ。地形が複雑な山間地域においても、設置箇所の選定は容易ではなく、工事が難航することも少なくない。
そこでスペースがないために、やむをえず海の上に建設したという珍しいインターチェンジがわが国にある。
アルプスの北端が、日本海落ち込む新潟県の南西端に、断崖絶壁が延々と続く「親不知・子不知」という景勝地がある。昔からここは北陸道最大の難所として知られていたところで、海崖際まで断崖が迫っている。ここを通る旅人たちは、断崖下の波打際の砂浜を、波が引いたわずかの間に、命がけで走り抜けなければならなかった。親不知・子不知という地名も、ここを通り抜けるときは、自分の身を守ることで精一杯のため、親は子を、子は親を振り返る余裕もなかったことから生まれたものだという。
現在の国道八号は、明治になってから断崖の中腹を切り崩して建設されたもので、さぞ難工事であっただろうことがうかがえる。この道路に並行して鉄道も建設された。さらにそこへ高速道路を建設しようというのである。道路は海岸縁を高架で通したもののインターチェンジを建設するスペースがない。親不知・子不知は、北陸でも有数な観光ポイントだけに、訪れる人が多い。インターチェンジを建設しないわけにはいかなかったのだろう。苦肉の策として、海上にインターチェンジが建設されたのである
眼下には日本海、目が眩むような海の青さだ。海上インターチェンジは世界初のケースで、北陸道の新たな名所になっている。




日本実業出版社 (著:浅井 建爾)
「道と路がわかる事典」
JLogosID : 5060033


【辞典内Top3】 輸送機関  橋の長さ  桜並木  
【関連コンテンツ】

関連辞書

暦の雑学事典 日本史の雑学事典 雑学大全 雑学大全2 

関連書籍

 日本実業出版社「道と路がわかる事典」

出版社:日本実業出版社[link]
編集:浅井 建爾
価格:1,620
収録数:255
サイズ:18.6x13.4x2cm(-)
発売日:2001年11月
ISBN:978-4534033154

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト