MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

道と路がわかる事典2章 国道・高速道路の雑学 >

直線道路
【ちょくせんどうろ】

囚人がつくった日本一長い直線道路

わが国は山あり谷あり、そして何本もの川が流れる複雑な地形のため、市街地を除けば道路は曲がりくねり、起伏も激しい。何キロも続く直線道路はほとんどないといっていい。だが北海道だけは本州などと異なり、どことなく大陸的で広々としている。北海道の、果てしもなく続く直線の道路に、ド肝を抜かれた人は少なくないはずだ。
国道一二号は、札幌市旭川市を結ぶ全長一四五kmの幹線道路だが、そのルート上に日本一長い直線道路がある。滝川市と美唄(びばい)市の間約二九kmが、見事なまでの直線なのである。本州で直線が一〇km以上も続く道路はまず見当たらないが、北海道では決して珍しいことではないのだ。
どうして北海道には、こんなに直線道路が多いのか。地形的に恵まれていたともいえるが、明治時代までほとんど未開地だったため、道路も計画的に建設できたというのが最大の理由だろう曲がりくねった道路より、直線的な道路の方がロスが少なく、交通路として望ましいことはいうまでもない。障害物がなければ、直線道路を建設するのは当然のことといえる。
北海道の開拓に、屯田兵や各地からの入植者たちが果たした役割の大きかったことはよく知られているが、つい忘れられがちなのが囚人たちの存在である北海道各地の集治監に収容された囚人たちは、貴重な労働力となって活躍した。活躍したというより、過酷な労働を強いられたのである。想像を絶するような非人道的な強制労働のため、多くの囚人が命を落とした。滝川―美唄間の直線道路の建設にも、多数の囚人が駆り出され、わずか三か月あまりで完成させたという。囚人の犠牲なくしては、日本一長い直線道路も誕生していなかったのかもしれない。




日本実業出版社 (著:浅井 建爾)
「道と路がわかる事典」
JLogosID : 5060025


【辞典内Top3】 掘割式道路  橋の長さ  設計速度  
【関連コンテンツ】

関連辞書

暦の雑学事典 日本史の雑学事典 雑学大全 雑学大全2 

関連書籍

 日本実業出版社「道と路がわかる事典」

出版社:日本実業出版社[link]
編集:浅井 建爾
価格:1,620
収録数:255
サイズ:18.6x13.4x2cm(-)
発売日:2001年11月
ISBN:978-4534033154

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト