MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

道と路がわかる事典2章 国道・高速道路の雑学 >

階段国道
【かいだんこくどう】

これはびっくり階段国道

ひと口に国道といっても、道路幅が一〇〇mもあるような交通量の激しい道路から、未舗装のでこぼこ道もある。でも、車が通るようにできていれば、道路といわれてもおかしく思うことはないだろう
しかし、国道のなかには「道」と呼べるのかも考えてしまいそうなものがある。とりわけ一番の変わりダネは、何といっても階段国道だろう。その名のとおり、階段が国道という全国でも唯一のもので、青森県の津軽半島最北端の、竜飛崎(たっぴざき)近くにある。
津軽半島の東岸を北上していくと、やがて国道三三九号は、車も通行できない細い路地となり、集落を抜ける忽然と階段が現れる。階段の麓には国道の標式と、その下には「階段国道」と表示されたプレートがついている。紛れもなく、この階段は国道なのである。三六二段、標高差約七〇m。岬の麓から灯台のあるところまで、この階段国道が続いているのだ。階段を上り詰めると、視界が一気に開ける。眼下には津軽海峡の青い海が広がり、晴れた日には、対岸の北海道見える
この路線が国道に昇格したとき、階段部分も整備するはずだった。しかし、その後の調査で、階段部分に道を通すには傾斜がきつすぎるため、ループにするかトンネルを掘るか、何らかの手立てを講じなければ困難だという結論に達した。そのため、階段の手前にある迂回路を、国道として整備したらどうかという案も出たが、それだと階段は国道でなくなる。それより、階段をそのまま残し、観光スポットとして売り出した方が得策だということになった。
何てったって全国にここだけという珍しい階段国道であるそこで、階段に手すりをつけるなどして、国道を車道としてではなく、歩道として整備した。その甲斐あって、遠方からも観光客がやってくるようになった。




日本実業出版社 (著:浅井 建爾)
「道と路がわかる事典」
JLogosID : 5060023


【辞典内Top3】 桜並木  輸送機関  掘割式道路  
【関連コンテンツ】

関連辞書

暦の雑学事典 日本史の雑学事典 雑学大全 雑学大全2 

関連書籍

 日本実業出版社「道と路がわかる事典」

出版社:日本実業出版社[link]
編集:浅井 建爾
価格:1,620
収録数:255
サイズ:18.6x13.4x2cm(-)
発売日:2001年11月
ISBN:978-4534033154

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト