MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

道と路がわかる事典2章 国道・高速道路の雑学 >

国道の長短
【こくどうのちょうたん】

プラットホームより短い日本最短国道

全国に四五九路線ある国道のなかで、最も長い国道は何号線か。それは東京日本橋青森市を結ぶ全長七四三・六kmの国道四号で、旧奥州街道とほぼ同じコースをたどっている。次いで長いのは、東京から大阪までの旧東海道に沿って走る国道一号で、全長六一二・九km。三位は国道九号で、京都から山陰地方を海岸づたいに通り、下関市までの五九四・七km。いずれの路線も長く、起点から終点まで走るのは容易ではない。
一方、短い国道となると、日本一短い国道は、なんと鉄道のプラットホームよりも短いのだ。全長わずか一八七m。神戸港と国道二号を結ぶ国道一七四号である。歩数にして三〇〇歩あまり、三分とかからない距離なのである。東京駅のプラットホームは五〇〇m近くあるから、その半分以下しかないことになる。次いで短いのは、岩国空港と岩国市街を結ぶ一八九号で、全長三七二m。三位は東京芝と東京港の間の国道一三〇号で全長四八二m。
では、なぜこのような短い国道が存在するのか。前にも述べたように、港(空港)は日本の陸上交通を担う上で最も重要視されてきた。道路がいち早く整備されたのも、東京や大阪と開港場とを結ぶ路線だった。その路線がたとえ短くても、物資輸送など、日本の経済活動にとっては重要な道路なのである




日本実業出版社 (著:浅井 建爾)
「道と路がわかる事典」
JLogosID : 5060022


【辞典内Top3】 輸送機関  橋の長さ  桜並木  
【関連コンテンツ】

関連辞書

暦の雑学事典 日本史の雑学事典 雑学大全 雑学大全2 

関連書籍

 日本実業出版社「道と路がわかる事典」

出版社:日本実業出版社[link]
編集:浅井 建爾
価格:1,620
収録数:255
サイズ:18.6x13.4x2cm(-)
発売日:2001年11月
ISBN:978-4534033154

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト