MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

日本史の雑学事典第10章 文化の巻 > 大和時代

湯治
【とうじ】

■2 聖徳太子大好きだった日本の温泉…グループで道後温泉湯治の旅へ
 温泉にはさまざまな薬効があり、昔から日本人はこれと親しんできた。爆発的に湯治が流行したのは江戸時代になってからだが、それ以前にも温泉についての記録は存在する。
 日本最初の温泉記事は、『風土記』に載っている。まだ神話時代の話で、大国主命が別府温泉で少彦名命の重い病を治したというものだ。
風土記』に加え、『日本書紀』や『万葉集』などにも、古代の皇族たちがたびたび温泉旅行に訪れた記録が出てくる。とくに人気があったのが、畿内の有馬温泉と、夏目漱石の『坊っちゃん』で知られている伊予国の道後温泉である
 596年、あの聖徳太子も道後温泉へ出かけている。連れは、太子の師・恵慈や葛城(臣)烏奈羅など、信頼する少数の人々だったとされる
『伊予国風土記』によると「夷与村(伊予の道後)に逍遙し」とあるから、おそらく湯治が目的だったのだろう
 このとき太子は、温泉の効能に感激して碑を建てたと伝えられるが、実物はどこかに埋もれてしまったのか、現存しない。
 ただし、碑文については、幸い『風土記』にすべて収録されている。かなり難解な文章だが、道後温泉のすばらしい効能に託して、為政者の国を支配する心構えを説いたものだとされ、まじめな太子の性格がわかる。
 ただ、一説には、太子の温泉旅行は、太子の所有する領地を視察することに加え、新羅(朝鮮半島における当時の日本の敵対国家)征伐のための、征討ルートの下見だったという説もある。




日本実業出版 (著:河合敦)
「日本史の雑学事典」
JLogosID : 14625118


【辞典内Top3】 天一坊事件  てつはう  鐘巻自斎  
【関連コンテンツ】

関連辞書

暦の雑学事典 道と路がわかる事典 雑学大全 雑学大全2 

関連書籍

 日本実業出版「日本史の雑学事典」

出版社:日本実業出版社[link]
編集:河合敦
価格:1,404
収録数:136語
サイズ:18.6x13x2.2cm(四六判)
発売日:2002年6月
ISBN:978-4534034137

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト