MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

日本史の雑学事典第10章 文化の巻 > 江戸時代

治安維持
【ちあんいじ】

■4 治安維持に貢献する辻番所・自身番の役割…町人エリアの防犯・防火はすべて自費
 江戸の町の治安が良かったなんていうのはウソだ。とくに戦国気分が抜けない江戸時代の初期は、恐ろしく治安が悪かった。藩が改易されて江戸の町には牢人が溢れ、おしゃれや喧嘩に精を出す「かぶき者」が闊歩するようになっていく。また、戦争がなくなったことで無骨者たちは欲求不満に陥っていた。
 そんなことから、3代将軍・徳川家光の頃、1620年代から1640年代にかけて、江戸の町には辻斬りが横行した。いわゆる通り魔殺人である。犯人は、先に述べた牢人やかぶき者、無骨者といった、欲求が満たされない武士たちだった。
 彼らは夜な夜な江戸の町を徘徊し、チャンスと見れば、老若男女構わず、人間を斬り殺した。新刀の切れ味を試すため、100人斬りの記録を達成するためなど、恐ろしく短絡的な犯行であり、現代の中学生によるホームレス殺人事件や精神異常者を装った連続殺人を彷彿とさせる
 いずれにせよ、そうした状態だったから、「夜の使いを頼んでも誰も引き受けなくなってしまった」と豊前中津藩主・細川忠興が手紙で嘆くほどになってしまった
 そこで幕府は、1628年、辻番所を設けるよう、各藩に通達を出した。武家屋敷などに張り出しを造り、そこに常時人間を置いておき、辻斬りを警戒するのである。規定によれば、昼2名、夜4名を定員とし、番人には不審な者を連行する権限、抵抗する者を討ち殺す権限も付与された。
 辻番所は大きく3つに大別される。幕府直営の公儀辻番、諸藩の大名辻番、大名や旗本などが複数で設置する組合辻番である。これらは主に武家地を警備していた。
 やがて約900か所にも増えた辻番所は、不審者の取り締まりに加え、酔っ払いの世話、死人の届け出、ゴミの不法投棄や大八車などの不法駐車の取り締まりまで、まさに現代の交番の役割を担うようになっていったのである
 一方、町人居住地については、公儀が設置した辻番所とは別に、江戸の町人たちが自ら自警組織を創設して、犯罪防止に当たった。そして、辻番所のように簡素な小屋を造り、3~5名が昼夜そこに詰める体制を敷いた。この小屋を「自身番」と呼ぶ。いわゆる、よく時代劇に登場する「番所」とは、これのことである
 自身番の番人たちにも、夜回りをして、不審な者を尋問する権利が公儀から付与されていた。
怪しいヤツだ。ちょっと番所まで一緒に来てもらおう」
番小屋にしょっ引かれるシーンは、テレビ時代劇でお馴染みだろう
 やがて番小屋は、専門の番人が居住できるほどの広さとなり、2階建てや火の見櫓を構える家屋も増えていった。さらに番所内には、火事に備えて消防用具などが置かれた。
 基本的自身番の費用は、すべて町人持ちであるゆえ、幕府としては警察費が浮き、かなり助かったはずである
 幕末には、江戸の町に存在する番所は1000近くもあったというから、ちょっと歩けば番所に突き当たったわけで、さすがにこれなら治安も良くなるわけだ。
 近年、外国人の凶悪犯罪や青少年の「オヤジ狩り」などが急増し、おちおち心して夜道も歩けなくなった。それに加え、不祥事続きで警察に対する不信感はつのる一方である。そのため、お上にばかり頼らず、自分たちの町の治安は自分たちで守ろうという動きが、都市部を中心に広がっている。まるで自身番のような組織である




日本実業出版 (著:河合敦)
「日本史の雑学事典」
JLogosID : 14625120


【辞典内Top3】 天一坊事件  軍師?  目安箱  
【関連コンテンツ】

関連辞書

暦の雑学事典 道と路がわかる事典 雑学大全 雑学大全2 

関連書籍

 日本実業出版「日本史の雑学事典」

出版社:日本実業出版社[link]
編集:河合敦
価格:1,404
収録数:136語
サイズ:18.6x13x2.2cm(四六判)
発売日:2002年6月
ISBN:978-4534034137

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト