MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

日本史の雑学事典第10章 文化の巻 > 大和時代

考古学②
【こうこがく】

■3 ファイバースコープで新発見が続出した「キトラ古墳」…考古学にも最先端科学技術が貢献
 近年の考古学研究には最新の科学技術が駆使され、さまざまな謎の解明に寄与している。しかも、これまでの遺跡調査は主に発掘調査であり、どうしても遺跡自体の破壊が伴ったが、現代の精密機器を使うことで、それが最小限に抑えられるようになったのである
 キトラ古墳(奈良県高市郡明日香村)もそうだ。7世紀末から8世紀初頭のものとされるこの古墳に外から小さな穴を開け、そこからファイバースコープを通して石室内の様子を調査したのは、1983年のことである。このとき、石室の北部壁面に四神(中国で天の四方を守るとされる霊神)のうちの一つ、玄武の壁画が確認された。
 さらに1998年に再度調査をおこなったところ、新たに四神の白虎と青龍が、それぞれ西部壁面と東部壁面に見つかると共に、天井にはアジア最古級の天文図(星宿図)という画期的なものも発見されたのである
 2001年1月にもファイバースコープが挿入され、南部壁面に残る朱雀も見つかり、我が国で四神すべてが揃う初の古墳となった。また、同年12月には文化庁が調査をおこない、先の天文図の北斗七星などの星々に、金箔が施されていると判明した。
 さらに撮影した画像を解析したところ、2002年1月、獣頭人身が1体描かれていることもわかった。背丈は約20センチ真っ赤な襟と茶褐色のヒダがついたコートを身にまとい、帯を締めているが、口は犬のように大きく、くっきり牙がのぞいている。人間ではない。東部壁面下に位置することから、おそらくこの怪物は十二支像のうちの「寅」ではないかと推定されている。とすれは、残り11体も描かれていた可能性が高い。
 いずれにせよ、発掘することなく、古墳内に壁画があり、なおかつそれが一級の文化財であることが判明したのは、現代科学の大いなる成果だといって良いだろう
 なお、「キトラ」の名前の由来は諸説あるが、付近の地名「北浦」から来ているという説が有力である




日本実業出版 (著:河合敦)
「日本史の雑学事典」
JLogosID : 14625119


【辞典内Top3】 天一坊事件  軍師?  目安箱  
【関連コンテンツ】

関連辞書

暦の雑学事典 道と路がわかる事典 雑学大全 雑学大全2 

関連書籍

 日本実業出版「日本史の雑学事典」

出版社:日本実業出版社[link]
編集:河合敦
価格:1,404
収録数:136語
サイズ:18.6x13x2.2cm(四六判)
発売日:2002年6月
ISBN:978-4534034137

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト