MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

日本史の雑学事典第6章 武術の巻 > 江戸時代

高田三之丞
【たかださんのじょう】

■3 江戸時代にもいた、すぐキレル剣豪…師匠・柳生兵庫助も唸らせた高田三之丞
 江戸時代の剣豪・高田三之丞は、すぐに短慮を起こした。いまで言う「キレル」というヤツだ。
 もともとは、岐阜城主の織田秀信に仕えていたが、16歳のとき三浦某とケンカして、これを殺したために、岐阜を出奔し、江戸へやってきた。
 しかし、粗暴な性格は直らず、幕臣16人と大乱闘を演じ、3人殺して江戸から京都へ逃走した。ところが、またもや京でも蜂屋孫九郎ら10数人を相手に喧嘩、同じく3人を殺害し、ついに天下のお尋ね者となったのである
 それゆえ、逃亡生活を余儀なくされたが、辻斬り犯人を生け捕りにした功で罪を赦される
 三之丞は、これを機に改心し、剣の道に生きる決意をする。いまだかつて剣で敗れたことがなく、腕に自信があったからだ。だが、武者修行中に柳生兵庫助と遠州掛川で勝負し、惨敗を喫する
 以来、三之丞はいままでの慢心を捨て去り、兵庫助の弟子として一心不乱に稽古に励んだ。結果、腕試しに兵庫助の道場を訪れる剣客の相手は、すべて三之丞に一任されるほどに上達した。
 ある日、帯刀朱念と称する使い手が、兵庫助に手合わせ求めてやって来た。もちろん、相手になったのは三之丞だった。三之丞は手を縮め、袖口に引きつけるように竹刀を持つと、自分からするする仕掛け、「おいとほしや」と言いながら物凄い早さで朱念の眉間を打った。朱念はまったく手が出せなかった。ちなみに「おいとほしや」という掛け声は、三之丞の口癖である。これを見た柳生兵庫助は、三之丞の妙技に「一生の出来事なり」(『昔咄』)と唸ったと伝えられる




日本実業出版 (著:河合敦)
「日本史の雑学事典」
JLogosID : 14625072


【辞典内Top3】 天一坊事件  てつはう  鐘巻自斎  
【関連コンテンツ】

関連辞書

暦の雑学事典 道と路がわかる事典 雑学大全 雑学大全2 

関連書籍

 日本実業出版「日本史の雑学事典」

出版社:日本実業出版社[link]
編集:河合敦
価格:1,404
収録数:136語
サイズ:18.6x13x2.2cm(四六判)
発売日:2002年6月
ISBN:978-4534034137

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト