MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

日本史の雑学事典第5章 政(まつりごと)の巻 > 江戸時代

田沼意次②
【たぬまおきつぐ】

■4 金・銀2つの貨幣制度の統一を試みた田沼意次…悪政ばかりでない一面もきちんと評価を
 1772年に老中になり、幕政を主導してきた田沼意次には、賄賂のイメージが常につきまとう。確かに田沼は賄賂を喜んだが、彼がやった幕政改革というのは、これまでの農本主義重商主義へ転換したという点では、まさに画期的だった。もし、水害などの自然災害が頻発したり、息子・意知が刺殺されたりせずに田沼政治が続いていたなら、幕府政権はもっと盤石になったかもしれない。
 田沼は、いくつも斬新な政策を実行したが、余り知られていないのが、貨幣制度の統一だろう
 江戸幕府は、金・銀・銅の三貨を発行していたが、金は江戸、銀は大坂の各経済圏を中心に流通していた。つまり、日本列島には完結した2つの経済圏ができ、それが交流することは少なかった。
 ところが江戸も中期になると、物流が活発化して全国規模になってくる。そのため、金が大坂経済圏に流入する一方、銀が江戸経済圏へと大量に流れ込むようになった。
 この場合、金と銀は両替商によって交換され、その交換比率は、現在の為替相場のように常に変動した。しかも、定量貨幣の金貨に対し、銀貨は秤量貨幣といい、ちぎったりして秤に乗せて使用するため、通貨としては非常に不安定であった。
 そこで田沼は、貨幣制度を金に統一しようと『南鐐二朱銀』(定量貨幣)をつくり、これ8枚を小判1枚と交換することに決めた。
 しかし、人々は田沼の意図を十分理解できず、なおかつ、相場の変動で利ザヤを得ていた両替商の反発もあり、南鐐二朱銀の定着には、かなりの時間を要したのである




日本実業出版 (著:河合敦)
「日本史の雑学事典」
JLogosID : 14625055


【辞典内Top3】 天一坊事件  てつはう  鐘巻自斎  
【関連コンテンツ】

関連辞書

暦の雑学事典 道と路がわかる事典 雑学大全 雑学大全2 

関連書籍

 日本実業出版「日本史の雑学事典」

出版社:日本実業出版社[link]
編集:河合敦
価格:1,404
収録数:136語
サイズ:18.6x13x2.2cm(四六判)
発売日:2002年6月
ISBN:978-4534034137

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト