MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

暦の雑学事典5章 季語と年中行事の雑学 > 弥生

啓蟄
【けいちつ】

 二十四節気の一つ。旧暦の二月節、新暦の三月六日頃にあたる。家の中に謹慎することを蟄居というが、蟄とはもともと虫が冬ごもりすることを意味する。冬ごもりの虫が、戸を啓くように、穴からはい出てくる時候なので啓蟄という。啓蟄は俳句の季語にもなっている。
 中国では二十四節気をさらに三等分した七十二候というものがつくられた。啓蟄の第三候である「鷹化して鳩と為る」は、猛禽類である鷹も、この頃の穏やかな気候によって、優しい鳩に転じてしまうという意味である




日本実業出版社 (著:吉岡 安之)
「暦の雑学事典」
JLogosID : 5040110


【辞典内Top3】 早生・中稲・晩稲  七曜の起源と意味  蝉時雨  
【関連コンテンツ】

関連辞書

日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 雑学大全 雑学大全2 

関連書籍

 日本実業出版社「暦の雑学事典」

出版社:日本実業出版社[link]
編集:吉岡 安之
価格:1,404
収録数:198
サイズ:18x13x1.8cm(-)
発売日:1999年12月
ISBN:978-4534030214

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト