MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

暦の雑学事典3章 暦の進化史 >

イスラム暦
【いすらむれき】

複数の暦を併用

◆「ラマダーンに立ちのぼる新月」の意味
 柳の葉のように細く美しい眉のことを中国では「柳眉」と呼んだが、イスラム世界では昔から、「ラマダーンに立ちのぼる新月のごとし」と形容される。ラマダーンとはイスラム暦の第九月のことであるイスラム教においてはラマダーンは神聖な断食月として定められていて、日の出から日の入りまで、病人、幼児、妊婦などを除き、いっさいの飲食が禁じられている。
 ラマダーンの最終日の日没後、西の空に生まればかりの新月がみえると、第一〇月シャッワールが始まるイスラム世界では日没が一日の始まり)。しかも、シャッワールの一日から三日にかけては、イスラム教の二大祭(イード)の一つであるイード・アル・フィトルが盛大に祝われる。「ラマダーンに立ちのぼる新月」というのは、辛く苦しい断食の終了と同時に、祭の開始を意味する二重の喜びの表現である。美女を前にして新月のような眉といっただけでは、それこそ「月並み」な形容になってしまうわけだ。
太陰暦では月の満ち欠けカレンダーがわりになるが……
 イスラム暦を制定したのは、預言者ムハンマド(マホメット)であるメッカで迫害を受けたムハンマドは、七〇余人の信者(ムスリム)とその家族を率いてメディナに移住(ヒジュラ)して、そこで初の教団国家を建設した。ムハンマドはメディナ到着の六二二年(西暦)をイスラム暦の紀元元年と定めた。このためイスラム暦ヒジュラ(太陰)暦とも呼ばれる。
 イスラム暦は純粋な太陰暦である。月が地球を一周するのに要する時間、つまり一朔望月は約二九・五日なので、イスラム暦では奇数月を大の月(三〇日)、偶数月を小の月(二九日)として月の満ち欠けを暦と一致させた。夜空の月がカレンダーがわりになる合理的な暦であるが、これでは一年が三五四日にしかならないので、一太陽年との間に一一日もの差が生まれてしまう。このため、神聖なラマダーン(断食月)やズー・アルヒッジャ(メッカへの巡礼月)が、真夏であったり真冬であったりする。ただ、これらは季節行事ではなく宗教的な意味をもつものだから、信者にとって違和感はないようだ
 また、宗教行事はイスラム暦に従うが、農業や地租徴収には不便なので、エジプトのコプト暦イラン暦といった太陽暦も併用され、近代以降は新たにグレゴリオ暦も加わった。イスラム世界の暦はアラベスク模様のように多様である




日本実業出版社 (著:吉岡 安之)
「暦の雑学事典」
JLogosID : 5040057


【辞典内Top3】 クォーツ時計の原理としくみ  早生・中稲・晩稲  蝉時雨  
【関連コンテンツ】

関連辞書

日本史の雑学事典 道と路がわかる事典 雑学大全 雑学大全2 

関連書籍

 日本実業出版社「暦の雑学事典」

出版社:日本実業出版社[link]
編集:吉岡 安之
価格:1,404
収録数:198
サイズ:18x13x1.8cm(-)
発売日:1999年12月
ISBN:978-4534030214

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト