MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

日本語使いさばき辞典 >

「食べる・飲む」に関する故事・成語・ことわざ

[朝腹(あさばら)の茶漬(ちゃづ)け]腹がすいている朝飯前茶漬けを食べても、あまり腹のたしにならない少しもこたえない、また、ごくたやすいことのたとえ。
[渇(かっ)しても盗泉(とうせん)の水(みず)を飲(の)まず]どんなに苦しく困ったときでも決して不正なことには手を出さない。「盗泉」は中国にあった泉の名。孔子はその名を嫌い、その水を飲まなかったという。出典は『淮南子(えなんじ)』。
[錦衣玉食(きんいぎょくしょく)]美しい衣服とりっぱな御馳走。また、ぜいたくな暮らしのこと。
[鯨飲馬食(げいいんばしょく)](⇒「酒(さけ)」230ページ)
[里腹三日(さとばらみっか)]実家に帰ると存分に食べるので、三日は空腹を感じないということ。
[酒CID(7770)飯袋(しゅのうはんたい)]酒ぶくろと飯ぶくろの意で、酒を飲み飯を食うばかりで、無為に暮らす人をののしる言葉。
[暖衣飽食(だんいほうしょく)]暖かな衣服をまとい、飽きるほどに食べること。何の不足もない暮らし
[飲(の)む者(もの)は飲(の)んで通(とお)る]酒を飲むことは大きな浪費だが、酒飲みそれでもなんとか食っていくものである
[無芸大食(むげいたいしょく)]身についた技芸もなく、ただ食べる量だけが多い。また、そのような無能な人。
[夜食過(やしょくす)ぎての牡丹CID(7799)(ぼたもち)]夜の食事で満足した後にうまい牡丹CID(7799)をもらってもありがたくないことから、時機が過ぎてしまって値打ちが下がったり、ありがたみが薄らぐたとえ。




あすとろ出版 (著:現代言語研究会)
「日本語使いさばき辞典」
JLogosID : 4382124


【辞典内Top3】 「驚く・驚き」に関する慣用句  年齢層の呼称・事柄からみた「年齢」  「雨」の擬音語・擬態語・形容語  
【関連コンテンツ】

関連辞書

慣用句の辞典 故事ことわざの辞典 四字熟語の辞典 カタカナ語の辞典 同じ読みで意味の違う言葉の辞典 

関連書籍

 あすとろ出版「日本語使いさばき辞典」

出版社:あすとろ出版[link]
編集:現代言語研究会
価格:3,024
収録数:740語
サイズ:22x15.6x3cm(B6判)
発売日:1997年9月
ISBN:978-4755508288

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト