MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

日本語使いさばき辞典 >

「田畑」に関することわざ

[田植(たう)え女(おんな)に秋男(あきおとこ)]米作りは、春の田植えのときには女性が中心に行い、秋の取り入れ時になったら、男性が中心になって行うということ。
[田植(たう)え半(なか)ばに栗(くり)の花(はな)]田植えの季節になると、ちょうど栗が開花するということ。
[田(た)の事(こと)すれば畑(はたけ)が荒(あ)れる]田んぼの仕事をしていれば畑のほうがおろそかになって荒れてしまう。一方にかかりきれば他方がないがしろになり、両方が一度にできないたとえ。
[田畑(たはた)の肥料(ひりょう)は主人(しゅじん)の足跡(あしあと)より良(よ)きはなし]田畑の作物を作る際に大切なことは、そこの主人が先に立って手をかけてやることであって、肥料はその次に大切なことであるということ。




あすとろ出版 (著:現代言語研究会)
「日本語使いさばき辞典」
JLogosID : 4382122


【辞典内Top3】 「驚く・驚き」に関する慣用句  「水」の流れ・湿気などの擬音語・擬態語  「笑う・笑い」に関する故事・成語・ことわざ  
【関連コンテンツ】

関連辞書

慣用句の辞典 故事ことわざの辞典 四字熟語の辞典 カタカナ語の辞典 同じ読みで意味の違う言葉の辞典 

関連書籍

 あすとろ出版「日本語使いさばき辞典」

出版社:あすとろ出版[link]
編集:現代言語研究会
価格:3,024
収録数:740語
サイズ:22x15.6x3cm(B6判)
発売日:1997年9月
ISBN:978-4755508288

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト