MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

日本語使いさばき辞典 >

「多少」に関する慣用句

[唸(うな)るほど]金品が驚くほどあるようす。
[雲霞(うんか)の如(ごと)く]人が非常に多く集まるさま。
[多(おお)かれ少(すく)なかれ]多くても少なくても。
[餓鬼(がき)も人数(にんずう)]つまらぬ者でも大勢集まれば少しは役に立つこと。
[数(かず)でこなす]利益は小さいが、大量に売りさばいて採算がとれるようにする。
[数(かず)を知(し)らず]数が多いために数え尽くせない。
[数(かず)を尽(つ)くす]何から何まで残らず集める。全部CID(7975)える。
[蚊(か)の涙(なみだ)]量のごく少ないことのたとえ。《類》「雀(すずめ)の涙(なみだ)」
[腐(くさ)るほど]物がたくさんあるさま。
[十指(じっし)に余(あま)る]数えるかなりの数になる。
[多勢(たぜい)に無勢(ぶぜい)]大人数に対するのに小人数であること。
[些(ちっ)とやそっと]少しばかり。少々。
[爪(つめ)の垢(あか)ほど]ごく少ない量、ごくささいなことのたとえ。
[無(な)きにしも非(あら)ず]全然ないわけではなく、少しはある。
[引(ひ)く手(て)数多(あまた)]誘いをかけてくれる人がたくさんいること。
[枚挙(まいきょ)に遑(いとま)がない]多くあり過ぎて、いちいち数え切れない。




あすとろ出版 (著:現代言語研究会)
「日本語使いさばき辞典」
JLogosID : 4382114


【辞典内Top3】 「驚く・驚き」に関する慣用句  「水」の流れ・湿気などの擬音語・擬態語  「春」に関する故事・成語・ことわざ  
【関連コンテンツ】

関連辞書

慣用句の辞典 故事ことわざの辞典 四字熟語の辞典 カタカナ語の辞典 同じ読みで意味の違う言葉の辞典 

関連書籍

 あすとろ出版「日本語使いさばき辞典」

出版社:あすとろ出版[link]
編集:現代言語研究会
価格:3,024
収録数:740語
サイズ:22x15.6x3cm(B6判)
発売日:1997年9月
ISBN:978-4755508288

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト