MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

日本語使いさばき辞典 >

「大小」に関する故事・成語・ことわざ

[広大無辺(こうだいむへん)]広く大きくて、限りなく果てしないこと。
[滄海(そうかい)の一粟(いちぞく)]大海の中の一粒の粟の意から、天地間での人間がごく小さく、はかないものであることのたとえ。
[大事(だいじ)の前(まえ)の小事(しょうじ)]大きい事をするときは小さな事を捨ててもよい。または、小さな事もゆるがせにしてはいけない。
[大事(だいじ)は小事(しょうじ)より起(お)こる]つまらない小さな事が、えてして大きな事を引き起こす原因となるということ。
[大(だい)は小(しょう)を兼(か)ねる]大きいものは小さいものの代わりができるという意から、小さいものより大きいものの方が役に立つということ。




あすとろ出版 (著:現代言語研究会)
「日本語使いさばき辞典」
JLogosID : 4382112


【辞典内Top3】 「驚く・驚き」に関する慣用句  年齢層の呼称・事柄からみた「年齢」  「雨」の擬音語・擬態語・形容語  
【関連コンテンツ】

関連辞書

慣用句の辞典 故事ことわざの辞典 四字熟語の辞典 カタカナ語の辞典 同じ読みで意味の違う言葉の辞典 

関連書籍

 あすとろ出版「日本語使いさばき辞典」

出版社:あすとろ出版[link]
編集:現代言語研究会
価格:3,024
収録数:740語
サイズ:22x15.6x3cm(B6判)
発売日:1997年9月
ISBN:978-4755508288

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト