MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

日本語使いさばき辞典 >

「座る」に関する慣用句・成語

[胡座(あぐら)をかく]足を組んで楽な状態にして座る。《類》「座(ざ)を組(く)む」「膝(ひざ)を組(く)む」「陸(ろく)に居(い)る」
[結跏趺坐(けっかふざ)]あぐらをかき、左右の大CID(7728)部(だいたいぶ)の上にそれぞれの反対の足を置いて組む座り方。「跏」は、足の裏、「趺」は、足の甲。仏教での坐法の一つ。《類》「半跏趺坐(はんかふざ)」
[座(ざ)が長(なが)い]他人の家を訪ねて長居をする。
[座(ざ)に直(なお)る]自分の席に座る。
[座(ざ)を構(かま)える]着席する。また、行儀よく座る。
[座(ざ)を占(し)める]着席する。
[座(ざ)を外(はず)す]用事などのために、席を立ってその場からいなくなる。《類》「席(せき)を外(はず)す」「座(ざ)を立(た)つ」
[只管打坐(しかんたざ)]すべての雑念を払い、ただひたすら座禅に修行すること。「只管」は、ひたすらの意。
[席(せき)を改(あらた)める]話し合いや宴会などの場所を改めて別の所に移す。会場を変えること。
[席(せき)を譲(ゆず)る]自分の座っている席に他の人を座らせる。
[膝(ひざ)を崩(くず)す]正座の状態から楽な姿勢になって座る。
[膝(ひざ)を組(く)む]同席する。対座する。
[膝(ひざ)を進(すす)める]座ったまま、膝で体を前に進めて近寄る
[膝(ひざ)を正(ただ)す]行儀よく正座の姿勢で座る。
[膝(ひざ)を突(つ)き合(あ)わせる]よく話し合うため、互いの膝が触れ合うほど近くに向かい合って座る。




あすとろ出版 (著:現代言語研究会)
「日本語使いさばき辞典」
JLogosID : 4382100


【辞典内Top3】 「驚く・驚き」に関する慣用句  年齢層の呼称・事柄からみた「年齢」  「雨」の擬音語・擬態語・形容語  
【関連コンテンツ】

関連辞書

慣用句の辞典 故事ことわざの辞典 四字熟語の辞典 カタカナ語の辞典 同じ読みで意味の違う言葉の辞典 

関連書籍

 あすとろ出版「日本語使いさばき辞典」

出版社:あすとろ出版[link]
編集:現代言語研究会
価格:3,024
収録数:740語
サイズ:22x15.6x3cm(B6判)
発売日:1997年9月
ISBN:978-4755508288

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト