MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

日本語使いさばき辞典 >

「住む・住まい」に関する慣用句・故事・成語・ことわざ

[鰻(うなぎ)の寝床(ねどこ)]間口が狭く、奥行きのある細長い部屋や建物などの形容。
[居(きょ)は気(き)を移(うつ)す]住んでいる場所や環境は人の心に大きな影響を及ぼすものであるということ。
[金殿玉楼(きんでんぎょくろう)]金や玉で飾った非常に美しい御殿のこと。
[九尺二間(くしゃくにけん)]長屋で間口九尺、奥行二間に仕切った家のことで、非常に狭い家、貧しい人の住まいをいう。
[敷居(しきい)が高(たか)い]義理を欠いたり迷惑をかけたりして、家に入りにくいこと。
[市中(しちゅう)の閑居(かんきょ)]名のある人が町なかで、人に知れずにひっそり暮らしていること。
[住(す)まば都(みやこ)]どうせ住むのだったら都の方がよいということ。
[住(す)むばかりの名所(めいしょ)]名所や観光として有名な土地であっても、実際にそこに住んで暮らしている人には、単に生活を営んでいる場所に過ぎないものだ。
[住(す)めば都(みやこ)]どんな所でも、住み慣れてみれば都にいるような気持ちで快適に暮らせるものだということ。




あすとろ出版 (著:現代言語研究会)
「日本語使いさばき辞典」
JLogosID : 4382099


【辞典内Top3】 「驚く・驚き」に関する慣用句  「水」の流れ・湿気などの擬音語・擬態語  「春」に関する故事・成語・ことわざ  
【関連コンテンツ】

関連辞書

慣用句の辞典 故事ことわざの辞典 四字熟語の辞典 カタカナ語の辞典 同じ読みで意味の違う言葉の辞典 

関連書籍

 あすとろ出版「日本語使いさばき辞典」

出版社:あすとろ出版[link]
編集:現代言語研究会
価格:3,024
収録数:740語
サイズ:22x15.6x3cm(B6判)
発売日:1997年9月
ISBN:978-4755508288

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト