MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

日本語使いさばき辞典 >

「恩」に関する慣用句

[足(あし)を向(む)けて寝(ね)られない]人からの恩をいつも忘れない気持ちを表す言葉。
[恩(おん)に着(き)せる]恩を与えたことをことさら相手に意識させ、ありがたがらせる。《類》「恩(おん)に掛(か)ける」
[恩(おん)に着(き)る]人から受けた恩をありがたいと思うこと。《類》「恩(おん)に受(う)ける」
[恩(おん)を仇(あだ)で返(かえ)す]恩を受けた人に感謝するどころか、ひどい仕打ちをする。《類》「情(なさ)けを仇(あだ)で返(かえ)す」「後足(あとあし)で砂(すな)をかける」「陰(かげ)にいて枝(えだ)を折(お)る」
[恩(おん)を売(う)る]相手からの見返りを見込んで親切にし、ありがたく思わせる。
[恩(おん)を知(し)る]恩を受けたありがたさが分かる。
[干天(かんてん)の慈雨(じう)]日照りのときの恵みの雨。また、待望していたことの実現や苦しいときの救いなどのたとえ。「干天」は「旱天」とも書く。




あすとろ出版 (著:現代言語研究会)
「日本語使いさばき辞典」
JLogosID : 4382041


【辞典内Top3】 「驚く・驚き」に関する慣用句  「水」の流れ・湿気などの擬音語・擬態語  「春」に関する故事・成語・ことわざ  
【関連コンテンツ】

関連辞書

慣用句の辞典 故事ことわざの辞典 四字熟語の辞典 カタカナ語の辞典 同じ読みで意味の違う言葉の辞典 

関連書籍

 あすとろ出版「日本語使いさばき辞典」

出版社:あすとろ出版[link]
編集:現代言語研究会
価格:3,024
収録数:740語
サイズ:22x15.6x3cm(B6判)
発売日:1997年9月
ISBN:978-4755508288

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト