MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

日本語使いさばき辞典 >

「あう」に関する故事・成語・ことわざ

[会(あ)うは別(わか)れの始(はじ)め]たとえ親・兄弟であろうとも、いつかは死によって別れの時がくる。出会った者は必ず別れる運命にあるものだ、という人生の無常をいった言葉。《類》「合(あ)わせ物(もの)は離(はな)れ物(もの)」「会者定離(えしゃじょうり)」
[意気投合(いきとうごう)](⇒「親(した)しい・親(した)しむ」245ページ)
[一期一会(いちごいちえ)]一生に一度だけのこと。また、人との出会いは一生に一度しかないのだという気持ちで常に誠意や全力を尽くせということ。
[挙国一致(きょこくいっち)]国中がこぞって一体となること。
[CID(6503)竜雲雨(こうりょううんう)を得(う)]英雄や豪傑が時にめぐりあって大いに器量を発揮することのたとえ。
[三位一体(さんみいったい)]三つのものが結びついて、まるで一つのようであること。
[死(し)に別(わか)れより生(い)き別(わか)れ]死によって別離を味わうのはあきらめもつくが、互いに生きていながら別れなければならないのはつらいものだということ。
[千載一遇(せんざいいちぐう)]千年に一度しか出会えないほどの、めったにない機会。「千載」は千年、長い年月のこと。
[前門(ぜんもん)の虎後門(とらこうもん)の狼(おおかみ)]一難を逃れたら、また別の災難に遭うこと。《類》「一難去(いちなんさ)ってまた一難(いちなん)」
[同気相求(どうきあいもと)む]気心の合った者は自然に親しみ集まること。
[時(とき)に遇(あ)えば鼠(ねずみ)も虎(とら)となる]時の運に遇えば、つまらない者でも勢いを得るということ。
[風雲(ふううん)の会(かい)]明君と賢臣が出会うこと。出典は『易経(えききょう)』。
[満場一致(まんじょういっち)]会場全体の人の意見がすべて同じになること。
[離合集散(りごうしゅうさん)]離れたり合ったり、集まったり散ったりすることで、互いに協同したり、また、逆に反目したりすることをいう。




あすとろ出版 (著:現代言語研究会)
「日本語使いさばき辞典」
JLogosID : 4382002


【辞典内Top3】 「驚く・驚き」に関する慣用句  「水」の流れ・湿気などの擬音語・擬態語  「春」に関する故事・成語・ことわざ  
【関連コンテンツ】

関連辞書

慣用句の辞典 故事ことわざの辞典 四字熟語の辞典 カタカナ語の辞典 同じ読みで意味の違う言葉の辞典 

関連書籍

 あすとろ出版「日本語使いさばき辞典」

出版社:あすとろ出版[link]
編集:現代言語研究会
価格:3,024
収録数:740語
サイズ:22x15.6x3cm(B6判)
発売日:1997年9月
ISBN:978-4755508288

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト