MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

日本語使いさばき辞典 >

「あう」に関する慣用句

[阿吽(あうん)の呼吸(こきゅう)]吐く息と吸う息の意で、一緒(いっしょ)に何かをするときの、お互いの微妙な調子や気持ちをいう。また、それの一致すること。《類》「阿吽(あうん)の息(いき)」
[憂(う)き目(め)に遭(あ)う]つらく悲しいことに出会う。「遭う」は、良くないことに「あう」場合に使う。《類》「痛(いた)い目(め)に遭(あ)う」
[馬(うま)が合(あ)う]互いに気持ち・心が一致する。《類》「息(いき)が合(あ)う」「気(き)が合(あ)う」「調子(ちょうし)が合(あ)う」「肌(はだ)が合(あ)う」
[顔(かお)を合(あ)わせる]共演する。対戦相手となる。面と向かい合う
[機嫌(きげん)を伺(うかが)う]会って相手の安否などを尋ねる。
[口裏(くちうら)を合(あ)わせる]示し合わせて、話の内容を一致させる。《類》「口(くち)を合(あ)わせる」
[口(くち)に合(あ)う]飲食物の味が好みに合っている。
[心(こころ)を合(あ)わせる]気持ちを一致させる。《類》「腹(はら)を合(あ)わせる」
[刺(し)を通(つう)じる]名刺を出し、面会を求める
[側杖(そばづえ)を食(く)う]そばにいたため、自分とは関係ないことによって災難を受ける。《類》「火(ひ)の粉(こ)が降(ふ)りかかる」「巻(ま)き添(ぞ)えを食(く)う」
[帳尻(ちょうじり)を合(あ)わせる]収支が合うようにする。
[調子(ちょうし)を合(あ)わせる]相手の出かたに合うようにして逆らわない。《類》「ばつを合(あ)わせる」
[CID(8267)褄(つじつま)が合(あ)う]筋道が合っている。前後が合う。
[時(とき)に遇(あ)う]よい時機にめぐりあう。
[馬鹿(ばか)を見(み)る]つまらない目に遭う。
[鼻(はな)を突(つ)き合(あ)わせる]人が非常に近くに寄り合う
[符節(ふせつ)を合(あ)わせる]両方がぴったりと一致する。
[門前払(もんぜんばら)いを食(く)う]面会を断られる




あすとろ出版 (著:現代言語研究会)
「日本語使いさばき辞典」
JLogosID : 4382001


【辞典内Top3】 「驚く・驚き」に関する慣用句  「水」の流れ・湿気などの擬音語・擬態語  「笑う・笑い」に関する故事・成語・ことわざ  
【関連コンテンツ】

関連辞書

慣用句の辞典 故事ことわざの辞典 四字熟語の辞典 カタカナ語の辞典 同じ読みで意味の違う言葉の辞典 

関連書籍

 あすとろ出版「日本語使いさばき辞典」

出版社:あすとろ出版[link]
編集:現代言語研究会
価格:3,024
収録数:740語
サイズ:22x15.6x3cm(B6判)
発売日:1997年9月
ISBN:978-4755508288

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト