MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

日本語使いさばき辞典 >

「愛・愛する」に関する故事・成語・ことわざ

[愛(あい)は屋烏(おくう)に及(およ)ぶ]人を愛すれば、その家の屋根の烏まで好きになるほど、その人に関するものすべてに愛情が及ぶことのたとえ。《類》「痘痕(あばた)も靨(えくぼ)」「惚(ほ)れた欲目(よくめ)」
[一視同仁(いっしどうじん)]すべての人を平等に扱い、同じように愛すること。
[恋(こい)に上下(じょうげ)の隔(へだ)てなし]恋することは、人間の本性に根ざしたものであって、人の身分や地位の上下によって左右されるものではないの意。
[恋(こい)の病(やまい)に薬(くすり)なし]恋の病は、いわゆる病気ではないから、それを治す薬などはないの意。
[恋(こい)は思案(しあん)の外(ほか)]恋は、常識や理性では考え及ばないもので、とりこになれば思慮分別も失ってしまうものだということ。
[近惚(ちかぼ)れの早飽(はやあ)き]●惚れっぽくて、すぐに飽きる性格のこと。または、そのような人。惚れやすい人は飽きやすいものだという意味でも使う。「近惚れ」は惚れやすいこと。《類》「早好(はやず)きの早飽(はやあ)き」
[落花流水(らっかりゅうすい)]男女がお互いに慕い合うことのたとえ。落花に流水と共に流れたい気持ちがあり、一方、流水には落花を浮かべて流れたい情があるの意から。




あすとろ出版 (著:現代言語研究会)
「日本語使いさばき辞典」
JLogosID : 4382000


【辞典内Top3】 「驚く・驚き」に関する慣用句  年齢層の呼称・事柄からみた「年齢」  「雨」の擬音語・擬態語・形容語  
【関連コンテンツ】

関連辞書

慣用句の辞典 故事ことわざの辞典 四字熟語の辞典 カタカナ語の辞典 同じ読みで意味の違う言葉の辞典 

関連書籍

 あすとろ出版「日本語使いさばき辞典」

出版社:あすとろ出版[link]
編集:現代言語研究会
価格:3,024
収録数:740語
サイズ:22x15.6x3cm(B6判)
発売日:1997年9月
ISBN:978-4755508288

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト