MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

日本語使いさばき辞典 >

強弱・様態からみた「火」

[物が熱・光を伴って燃える現象]火(ひ)・火(ほ)・真火(まひ)
[気体が燃えて熱と光を出している部分]炎(ほのお)・CID(7644)(ほのお)・炎(ほむら)・火炎(かえん)・火CID(7644)(かえん)
[火の気配]火(ひ)の気(け)・火気(かき)
[火をともす]点火(てんか)・着火(ちゃっか)・火点(ひとも)し・火点(ひとぼ)し
[燃え出す]発火(はっか)
[酸化しやすい物質が自然に発火する]自然発火(しぜんはっか)
[燃え上がる]炎上(えんじょう)
[空中に立ちのぼる炎]火柱(ひばしら)・火(ひ)の柱(はしら)
[燃え移る]引火(いんか)・火移(ひうつ)り
[にわかに燃え上がる]急火(きゅうび)
[盛んにおこっている]活火(かっか)
[全体に火がついて燃え上がる]火達磨(ひだるま)
[激しく燃える]烈火(れっか)・熱火(あつび)・猛火(もうか)・猛火(みょうか)・武火(ぶか)
[火が燃えるとき、飛び散る小さな]火(ひ)の粉(こ)・火片(かへん)・火花(ひばな)
[ひらめく]閃火(せんか)
[はじけて跳ね飛ぶ]跳(は)ね火(び)・走(はし)り火(び)
[火を保つ]火持(ひも)ち・火保(ひも)ち
[一つだけともっている]一(ひと)つ火(び)・孤灯(ことう)
[覆いなどがなく炎が露出している]裸火(はだかび)
[火力が強い]強火(つよび)・急火(きゅうび)
[火力が中ぐらいの]中火(ちゅうび)
[火力が弱い]とろ火(び)・とろとろ火(び)・微温(ぬる)火(び)・緩火(ぬるび)・弱火(よわび)
[火の勢いが衰える]下火(したび)
[燃え残りの炎]余炎(よえん)
[燃え残り]余燼(よじん)
[消え残った]蛍火(ほたるび)・蛍火(けいか)・残(のこ)り火(び)・残火(ざんか)




あすとろ出版 (著:現代言語研究会)
「日本語使いさばき辞典」
JLogosID : 4381501


【辞典内Top3】 「驚く・驚き」に関する慣用句  「水」の流れ・湿気などの擬音語・擬態語  「笑う・笑い」に関する故事・成語・ことわざ  
【関連コンテンツ】

関連辞書

慣用句の辞典 故事ことわざの辞典 四字熟語の辞典 カタカナ語の辞典 同じ読みで意味の違う言葉の辞典 

関連書籍

 あすとろ出版「日本語使いさばき辞典」

出版社:あすとろ出版[link]
編集:現代言語研究会
価格:3,024
収録数:740語
サイズ:22x15.6x3cm(B6判)
発売日:1997年9月
ISBN:978-4755508288

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト