MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

日本語使いさばき辞典 >

春夏秋冬の「風」

[季節初めに吹く]初風(はつかぜ)
[春先に吹く穏やかな]春風(はるかぜ)・春風(しゅんぷう)・和風(わふう)・恵風(けいふう)
[うららかに晴れた春の日に吹く]光風(こうふう)
[春先に吹く激しい]春嵐(はるあらし)・春嵐(しゅんらん)・春(はる)疾風(はやて)・春荒(はるあ)れ
[春の初めにその年最初に吹く強い南風]春一番(はるいちばん)
[涅槃会(ねはんえ)(三月十五日)前後に一週間ほど吹き続く西風]涅槃(ねはん)西風(にし)・涅槃西風(ねはんにしかぜ)
[陰暦二月二十日ごろに吹く西風]貝寄(かいよ)せ・貝寄(かいよ)せの風(かぜ)
[桜の花の盛りに吹く]花風(はなかぜ)
[夏冬によって風向き変わる]季節風(きせつふう)・モンスーン
[夏の]夏風(なつかぜ)・南風(なんぷう)・南風(はえ)
[陰暦五月に吹く南東風]黄雀風(こうじゃくふう)
[梅雨時のどんより曇った日に吹く南風]黒(くろ)南風(はえ)
[梅雨明けのころ南から吹く]白(しら)南風(はえ)・白(しろ)南風(はえ)
[青葉のころに吹くやや強い]青嵐(せいらん)・青嵐(あおあらし)
[初夏の青葉を吹き渡る]薫風(くんぷう)・緑風(りょくふう)
[初秋のころに吹く]初秋風(はつあきかぜ)
[秋に吹く]秋風(あきかぜ)・秋風(しゅうふう)・金風(きんぷう)・商風(しょうふう)・悲風(ひふう)・西風(せいふう)
[晩秋から初冬に吹く冷たい]木枯(こが)らし・凩(こがらし)
[冬に吹く]冬風(ふゆかぜ)・寒風(かんぷう)・陰風(いんぷう)
[冬に吹く強い]ならい・ならい風(かぜ)
[冬に雨雪を伴わないで強く吹く]空風(からかぜ)・乾風(からかぜ)・空(から)っ風(かぜ)・乾(から)っ風(かぜ)




あすとろ出版 (著:現代言語研究会)
「日本語使いさばき辞典」
JLogosID : 4381127


【辞典内Top3】 「驚く・驚き」に関する慣用句  「水」の流れ・湿気などの擬音語・擬態語  「笑う・笑い」に関する故事・成語・ことわざ  
【関連コンテンツ】

関連辞書

慣用句の辞典 故事ことわざの辞典 四字熟語の辞典 カタカナ語の辞典 同じ読みで意味の違う言葉の辞典 

関連書籍

 あすとろ出版「日本語使いさばき辞典」

出版社:あすとろ出版[link]
編集:現代言語研究会
価格:3,024
収録数:740語
サイズ:22x15.6x3cm(B6判)
発売日:1997年9月
ISBN:978-4755508288

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト