MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

日本語使いさばき辞典 >

吹く方向・地域などからみた「風」

[風の吹いてくる方向]風位(ふうい)・風向(ふうこう)・風向(かざむ)き・風向(かぜむ)き
[最も多く吹く風向きの]卓越風(たくえつふう)・主風(しゅふう)・常風(じょうふう)
[一定の方向に吹く]恒風(こうふう)
[東から吹く]東風(とうふう)・東風(ひがしかぜ)・真(ま)東風(こち)・東風(こち)・東風(こちかぜ)・東風(あゆ)・東風(あい)・正(ま)東風(こち)・谷風(こくふう)
[朝吹く東風]朝(あさ)東風(ごち)
[西から吹く]西風(せいふう)・西風(にしかぜ)・神渡(かみわた)し・神立風(かみたつかぜ)
[南に片寄った東風]南(みなみ)東風(ごち)
[南から吹く]南風(なんぷう)・南風(みなみかぜ)・南風(はえ)・凱風(がいふう)・薫風(くんぷう)・南薫(なんくん)
[南または南寄りの]真風(まじ)
[南西から吹く]日方(ひかた)
[北から吹く]北風(ほくふう)・北風(きたかぜ)・北打(きたう)ち・朔風(さくふう)・北(きた)げ
[朝吹く北風]朝北(あさきた)
[北に片寄った東風]北(きた)東風(ごち)
[南北の極圏内で吹く]極風(きょくふう)・極偏東風(きょくへんとうふう)
[中緯度地方を年中吹く西寄りの]偏西風(へんせいふう)・ジェットストリーム
[東北の海岸地方で吹く北東の]山背(やませ)・山背風(やませかぜ)
[横ざまに吹く]横(よこ)しま風(かぜ)・横風(よこかぜ)
[熱帯地方で赤道に向かって年中吹く]貿易風(ぼうえきふう)・恒信風(こうしんふう)
[山から吹いてくる、山で吹く]颪(おろし)・山風(さんぷう)・山風(やまかぜ)・山籟(さんらい)・山颪(やまおろし)・深山颪(みやまおろし)
[山の下を吹く。山から麓へ吹く]山下風(やましたかぜ)
[夕方山から吹く]夕山風(ゆうやまかぜ)
[山の斜面沿いに吹く]山谷風(やまたにかぜ)・山谷風(さんこくふう)
[川を吹く]川風(かわかぜ)
[岸辺を吹く]辺(へ)つ風(かぜ)
[海辺を吹く]浦風(うらかぜ)・浜風(はまかぜ)
[海辺にある山を吹く]浦山風(うらやまかぜ)
[海から吹く]海風(かいふう)・海風(うみかぜ)・沖(おき)つ風(かぜ)・潮風(しおかぜ)
[陸から海の方へ吹く]出(だ)し風(かぜ)・出(だ)し・陸風(りくふう)・陸軟風(りくなんぷう)
[船が進む方向へ吹く]順風(じゅんぷう)・追(お)い風(かぜ)・時(とき)つ風(かぜ)・追風(おいて)・帆風(ほかぜ)・便風(びんぷう)・便風(べんぷう)
[船が進む方向から吹いてくる]逆風(ぎゃくふう)・向(む)かい風(かぜ)・向(む)こう風(かぜ)・仇(あだ)の風(かぜ)
[朝吹く]朝風(あさかぜ)・晨風(しんぷう)・暁風(ぎょうふう)
[夕暮れに吹く]晩風(ばんぷう)・夕風(ゆうかぜ)
[夜吹く]夜風(よかぜ)
[夜吹く強い]夜嵐(よあらし)・小夜嵐(さよあらし)




あすとろ出版 (著:現代言語研究会)
「日本語使いさばき辞典」
JLogosID : 4381126


【辞典内Top3】 「驚く・驚き」に関する慣用句  「水」の流れ・湿気などの擬音語・擬態語  「笑う・笑い」に関する故事・成語・ことわざ  
【関連コンテンツ】

関連辞書

慣用句の辞典 故事ことわざの辞典 四字熟語の辞典 カタカナ語の辞典 同じ読みで意味の違う言葉の辞典 

関連書籍

 あすとろ出版「日本語使いさばき辞典」

出版社:あすとろ出版[link]
編集:現代言語研究会
価格:3,024
収録数:740語
サイズ:22x15.6x3cm(B6判)
発売日:1997年9月
ISBN:978-4755508288

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト