MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

四字熟語の辞典 >

乙夜之覧
【いつやのらん】

【意味】天子が書を御覧になること。「乙夜」は、昔、中国で夜を五つに分けた一つで、現在の午後九時から十一時ごろ。
【用例】●乙夜の覧の故事から、天子も深夜に読書にふけったことが分かる。仕事が忙しいから本が読めないというのは怠け者の言い訳だろう。人の上に立つ者には、それなりの努力が要求される。唐の文宗皇帝が夜遅く読書したという乙夜の覧の話など、現代の経営者にも参考になるね。
【出典】『杜陽雑編』上
【注意】「乙夜」は「おつや」とも読む。
【故事】唐の文宗は昼間は政務のために多忙だったので、夜十時過ぎに書物を読む習慣だった。




あすとろ出版 (著:現代言語研究会)
「四字熟語の辞典」
JLogosID : 5560094

この辞典の個別アプリ

四字熟語の辞典
日常生活で使用度の高い四字熟語を中心に、三字熟語も加えた約1200語を、実用的な用例とともに収録。便利な機能が付いた辞典アプリ。

【辞典内Top3】 恐悦至極  筋肉隆隆  物心両面  
【関連コンテンツ】

関連辞書

故事ことわざの辞典 慣用句の辞典 同じ読みで意味の違う言葉の辞典 カタカナ語の辞典 日本語使いさばき辞典  

関連書籍

 あすとろ出版「四字熟語の辞典」

出版社:あすとろ出版[link]
編集:現代言語研究会
価格:1,620
収録数:1200語
サイズ:18.4x13.2x2.8cm(B6判)
発売日:2007年12月
ISBN:978-4755508110

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト