MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

名言名句の辞典6叡智とわざ > 一芸は真理に通ず

いひおほせて何かある

名言名句
いひおほせて何か
ある
【解説】
 この言葉は、去来の師であった松尾芭蕉のものである。『去来抄』に、この言葉に達する経緯がみられる。巴風の句「下臥しにつかみ分けばや糸桜」(満開のイトザクラの根元に寝そべって、その垂れている枝に咲くサクラ花を、手でつかみ分けてみたいものだ)について、去来は、イトザクラの様子が十分にいいつくされていると評したが、師芭蕉が「表現しつくしたとてなんになる」とさとし、余韻・余情の欠如を指摘した。
 「いいおおせて何かある」は現代には通用しない言葉なのだろうか。
【作者】向井去来
【生没年】1651~1704
【職業】俳人
【出典】『去来抄』




あすとろ出版 (著:現代言語研究会)
「名言名句の辞典」
JLogosID : 5450621

この辞典の個別アプリ

名言名句の辞典
古今東西偉人賢人の名言名句およそ700を「人生」「成功」「人間」など6つのテーマに分けて収録。便利な機能が付いた辞典アプリ。

【辞典内Top3】 さよならを言うことは少しのあいだ死ぬことだ  恋はまことに影法師いくら追っても逃げて行くこちらが逃げれば追って  妻をめとらば才たけて顔うるはしくなさけある  
【関連コンテンツ】

関連辞書

慣用句の辞典 故事ことわざの辞典 四字熟語の辞典 四字熟語の辞典 カタカナ語の辞典 日本語使いさばき辞典 同じ読みで意味の違う言葉の辞典 

関連書籍

 あすとろ出版「名言名句の辞典」

出版社:あすとろ出版[link]
編集:現代言語研究会
価格:1,728
収録数:700語
サイズ:18.4x13.2x2.8cm(B6判)
発売日:2008年4月
ISBN:978-4755508141

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト