MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

名言名句の辞典6叡智とわざ > 人知をこえて

人間が宗教の始めであり人間が宗教の中心点であり人間が宗教の終わりである

名言名句
人間が宗教の始め
であり人間が宗教の中心点であり人間が宗教の終わりである
【解説】
 「人間は人間にとって神である」といっているのだ。
 人間がいてはじめて宗教が成り立ち、しかも一人の人間のではなく二人の、また人類の、さらには人類の歴史が神なのである。人間の人間らしさに由来する弱さや喜びといったすべてのものは宗教に反映されているという。
フォイエルバッハは、ベルリン大学で神学を学んだ。一八三〇年に著書『死および不死に関する考察』で教会や時の為政者を刺激し、生涯教職にはつけなかったというが、彼は宗教を否定したのではなく、人間学である哲学が宗教にならなければならないといいたかったのだ。
また、彼の現世的な幸福を説く思想は、カールマルクスフリードリッヒ・エンゲルスらに大きな影響を与えた。
【作者】フォイエルバッハ
【生没年】1804~72
【職業】ドイツの哲学者
【出典】キリスト教の本質』




あすとろ出版 (著:現代言語研究会)
「名言名句の辞典」
JLogosID : 5450583

この辞典の個別アプリ

名言名句の辞典
古今東西偉人賢人の名言名句およそ700を「人生」「成功」「人間」など6つのテーマに分けて収録。便利な機能が付いた辞典アプリ。

【辞典内Top3】 さよならを言うことは少しのあいだ死ぬことだ  白玉の歯にしみとほる秋の夜の酒はしづかに飲むべかりけり  僕の前に道はない僕の後ろに道は出来る  
【関連コンテンツ】

関連辞書

慣用句の辞典 故事ことわざの辞典 四字熟語の辞典 四字熟語の辞典 カタカナ語の辞典 日本語使いさばき辞典 同じ読みで意味の違う言葉の辞典 

関連書籍

 あすとろ出版「名言名句の辞典」

出版社:あすとろ出版[link]
編集:現代言語研究会
価格:1,728
収録数:700語
サイズ:18.4x13.2x2.8cm(B6判)
発売日:2008年4月
ISBN:978-4755508141

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト