MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

名言名句の辞典6叡智とわざ > 人知をこえて

仏も昔は人なりき我等も終には仏なり三身仏性具せる身と知らざりけるこそあはれなれ

名言名句
仏も昔は人なりき
我等も終には仏なり三身仏性具せる身と知らざりけるこそあはれなれ
【解説】
 平安末期の後白河法皇|撰の歌謡集にある歌。釈迦も普通の人間として生まれて悟りを開いた。人間も法・報・応の三身の仏性を備えている身なのだから、悟りの境地に達することができる、という意味。
【出典】梁塵秘抄』(成立年代未詳)
【参考】白河法皇は、鳥羽天皇を父に、藤原|璋子を母にもつ。仏への道を求めつづけ、天皇として在位三年、院政三十余年の間、造寺、造仏に情熱を傾けた。熊野信仰も篤く、生涯に三十四回も詣でている。




あすとろ出版 (著:現代言語研究会)
「名言名句の辞典」
JLogosID : 5450581

この辞典の個別アプリ

名言名句の辞典
古今東西偉人賢人の名言名句およそ700を「人生」「成功」「人間」など6つのテーマに分けて収録。便利な機能が付いた辞典アプリ。

【辞典内Top3】 さよならを言うことは少しのあいだ死ぬことだ  白玉の歯にしみとほる秋の夜の酒はしづかに飲むべかりけり  僕の前に道はない僕の後ろに道は出来る  
【関連コンテンツ】

関連辞書

慣用句の辞典 故事ことわざの辞典 四字熟語の辞典 四字熟語の辞典 カタカナ語の辞典 日本語使いさばき辞典 同じ読みで意味の違う言葉の辞典 

関連書籍

 あすとろ出版「名言名句の辞典」

出版社:あすとろ出版[link]
編集:現代言語研究会
価格:1,728
収録数:700語
サイズ:18.4x13.2x2.8cm(B6判)
発売日:2008年4月
ISBN:978-4755508141

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト