MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

名言名句の辞典5自己 > 自分を磨く

心の中にある絵をしばらくの間逆さまに懸けてみるのは常にいいことだ

名言名句
心の中にある絵を
しばらくの間逆さまに懸けてみるのは常にいいことだ
【解説】
 一枚の絵を常に同じ角度で見ていることは、固定観念につながる。固定観念にとらわれると思考がこう着状態におちいって、物事を柔軟にとらえたり、新しい発想を試みたりするはたらきが鈍ってしまう。
 そこで、絵を逆さまにかけて見てみようというのだ。見慣れていたはずの絵が、全く違う姿を現す。おそらくそれは新鮮な驚きであり、新しい発見だろう新しい美。新しい価値。それまで正しいと信じて疑わなかったことへの疑問をもつことになるかもしれない。別の真実が見えてくるかもしれない。
 そういう感覚を体験することは大切である。それは思考力や感覚を鍛え、視野を広げてくれるだろう。あたりまえだ、と思っていることこそ、ひっくり返して見てみよう。
【作者】ヘルマン・ヘッセ
【生没年】1877~1962
【職業】ドイツの作家
【出典】『ウィルヘルム・シェーファーの一主題の変奏曲
【参考】ヘッセは周囲の期待にしだいに押しつぶされていく少年を描いた自伝的小説『車輪の下』で知られている。この小説の主人公のハンスは押しつぶされたあげくに自殺してしまうのだが、ヘッセ自身は母親のおかげで立ち直ることができたという。ヘッセの母は息子の心の中にある絵をそっと逆にかけてみたのかもしれない。




あすとろ出版 (著:現代言語研究会)
「名言名句の辞典」
JLogosID : 5450470

この辞典の個別アプリ

名言名句の辞典
古今東西偉人賢人の名言名句およそ700を「人生」「成功」「人間」など6つのテーマに分けて収録。便利な機能が付いた辞典アプリ。

【辞典内Top3】 さよならを言うことは少しのあいだ死ぬことだ  白玉の歯にしみとほる秋の夜の酒はしづかに飲むべかりけり  僕の前に道はない僕の後ろに道は出来る  
【関連コンテンツ】

関連辞書

慣用句の辞典 故事ことわざの辞典 四字熟語の辞典 四字熟語の辞典 カタカナ語の辞典 日本語使いさばき辞典 同じ読みで意味の違う言葉の辞典 

関連書籍

 あすとろ出版「名言名句の辞典」

出版社:あすとろ出版[link]
編集:現代言語研究会
価格:1,728
収録数:700語
サイズ:18.4x13.2x2.8cm(B6判)
発売日:2008年4月
ISBN:978-4755508141

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト