MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

名言名句の辞典3人間 > 自然と人間

日本の風土や、季節の美しさが必死で日本を護っている

名言名句
日本の風土や、季
節の美しさが必死で日本を護っている
【解説】
 「日本人の心は壊れつつあるが」に続く言葉。「日本人の心」とは、この風土で長いあいだに培われてきた独特の美意識や価値観、ものの見方などをさすのだろう
明治以降の欧米化や戦後の消費文明、昨今の急速なIT化の進展などによって、それが「壊れつつある」、という指摘を、安直な世相批判としてではなく、この時代に生きる日本人として真摯に受け止めたい。
さだは、同書で日本の四季折々の美しい風景を描いたあと、「この国の風土に恥ずかしくない心を取り戻そうじゃないか」ともいっている。
【作者】さだまさし
【生没年】1952~
【職業】歌手
【出典】『もう愛の唄なんて詠えない』
【参考】シンガーソングライターとして、多くのヒット曲を生み出してきたさだまさしだが、作家としても活躍している。『もう愛の唄なんて詠えない』は二〇〇七年発行のエッセイ。さだが、「いま、世の中に言っておかねばならないこと」として社会に問いかける五十二の小節を集めたもの。




あすとろ出版 (著:現代言語研究会)
「名言名句の辞典」
JLogosID : 5450355

この辞典の個別アプリ

名言名句の辞典
古今東西偉人賢人の名言名句およそ700を「人生」「成功」「人間」など6つのテーマに分けて収録。便利な機能が付いた辞典アプリ。

【辞典内Top3】 さよならを言うことは少しのあいだ死ぬことだ  恋はまことに影法師いくら追っても逃げて行くこちらが逃げれば追って  妻をめとらば才たけて顔うるはしくなさけある  
【関連コンテンツ】

関連辞書

慣用句の辞典 故事ことわざの辞典 四字熟語の辞典 四字熟語の辞典 カタカナ語の辞典 日本語使いさばき辞典 同じ読みで意味の違う言葉の辞典 

関連書籍

 あすとろ出版「名言名句の辞典」

出版社:あすとろ出版[link]
編集:現代言語研究会
価格:1,728
収録数:700語
サイズ:18.4x13.2x2.8cm(B6判)
発売日:2008年4月
ISBN:978-4755508141

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト