MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

名言名句の辞典3人間 > 自然と人間

悲しめるもののためにみどりかがやくくるしみ生きむとするもののためにああ みどりは輝く

名言名句
しめるものの
めにみどりかがやくくるしみ生きむとするもののためにああ みどりは輝く
【解説】
 生きとし生けるものが、再び活動を開始する春。樹木、草木は葉を茂らせ、みずみずしく輝く新緑の季節を迎えた。
 人の心の憂い、悲しみ、そして人生の重荷を負ってまじめに生きていこうとする者を応援するかのように、緑は萌える
 春は再生の季節なのだ。春の賛歌、それは生の賛歌でもある。
【作者】室生犀星
【生没年】1889~1962
【職業】詩人
【出典】『五月』
【参考】室生犀星は石川県の金沢で生まれ育った。決して恵まれた生い立ちではなかった。五月の生き生きとした美しい緑は、つらい毎日を送る少年の心に希望の光をもたらしてくれただろう。「ふるさとは遠きにありて思ふもの そして悲しくうたふもの」とうたった犀星はいま故郷金沢で永い眠りを眠っている。




あすとろ出版 (著:現代言語研究会)
「名言名句の辞典」
JLogosID : 5450353

この辞典の個別アプリ

名言名句の辞典
古今東西偉人賢人の名言名句およそ700を「人生」「成功」「人間」など6つのテーマに分けて収録。便利な機能が付いた辞典アプリ。

【辞典内Top3】 さよならを言うことは少しのあいだ死ぬことだ  白玉の歯にしみとほる秋の夜の酒はしづかに飲むべかりけり  僕の前に道はない僕の後ろに道は出来る  
【関連コンテンツ】

関連辞書

慣用句の辞典 故事ことわざの辞典 四字熟語の辞典 四字熟語の辞典 カタカナ語の辞典 日本語使いさばき辞典 同じ読みで意味の違う言葉の辞典 

関連書籍

 あすとろ出版「名言名句の辞典」

出版社:あすとろ出版[link]
編集:現代言語研究会
価格:1,728
収録数:700語
サイズ:18.4x13.2x2.8cm(B6判)
発売日:2008年4月
ISBN:978-4755508141

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト