MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

標準治療(寺下医学事務所)病名 > 皮膚科

ヘノッホ・シェーンライン紫斑病
【へのっほ・しぇーんらいんしはんびょう】

Henoch-Schonlein Purpura

 アレルギー性紫斑病、アナフィラクトイド紫斑病などいろいろな名前で呼ばれています。皮膚の小さな血管に炎症(血管炎)を起こし、下腿を中心に点状の出血(紫斑)がみられるとともに、腎臓や消化管の小さな血管にも同様の変化が生じてタンパク尿や腹痛なども伴ってくる病気です。
 気道などを通じて体の中に入ってきた細菌に対して、体が過剰な免疫反応を起こし、抗原と抗体が合わさったもの(免疫複合体)が多量につくられる結果、それが体の各所の小さな血管に沈着して炎症を引き起こすと考えられています。過剰な免疫反応を引き起こす誘因は、細菌だけでなく、薬剤などの化学物質など様々です。




日本医療企画 (著:寺下 謙三)
「標準治療(寺下医学事務所)」
JLogosID : 5035305

関連電子書籍

私を救う医者はどこ?
【著者より】病の恐れをひとり抱えている時、身内に重病の患者が出た時、あなたは何を頼りにしますか。特効薬?最新設備の病院?何より大切なのは、あなたの決断を親身になってサポートする医療判断医なのです。…

【辞典内Top3】 両側性  粘稠性  腹腔鏡下手術(腹腔鏡下胆嚢摘出術〈Lap-C、ラパコレ〉)  
【関連コンテンツ】

関連辞書

薬局にあるクスリ辞典 東洋医学のしくみ 

関連書籍

 日本医療企画「標準治療(寺下医学事務所)」

出版社:日本医療企画[link]
編集:寺下 謙三
価格:5,142
収録数:1787疾患
サイズ:21.8x15.6x6.6cm(A5判)
発売日:2006年7月
ISBN:978-4890417162

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト