MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

標準治療(寺下医学事務所)病名 > 感染症内科

伝染性紅斑
【でんせんせいこうはん】

Erythema Infectiosum

 ヒトパルポウイルスB19による感染症で、気道を通して感染し、骨髄の赤芽球前駆細胞で増殖します。その後、抗体がつくられるとウイルス血症は消退し発疹がでます。この時期に伝染性紅斑として臨床的に認識されます。
 潜伏期は4~14日です。感染力は感染後7~10日で、紅斑のでた段階ではほとんど感染力はありません。5~9歳が好発年齢であるため、ほぼ5年ごとに学校、幼稚園などで流行します。伝染力は風疹より弱く、不顕性感染が多くみられます。感染後は終生免疫を獲得するようです。




日本医療企画 (著:寺下 謙三)
「標準治療(寺下医学事務所)」
JLogosID : 5035246

関連電子書籍

私を救う医者はどこ?
【著者より】病の恐れをひとり抱えている時、身内に重病の患者が出た時、あなたは何を頼りにしますか。特効薬?最新設備の病院?何より大切なのは、あなたの決断を親身になってサポートする医療判断医なのです。…

【辞典内Top3】 一側  両側性  神経脱落症状  
【関連コンテンツ】

関連辞書

薬局にあるクスリ辞典 東洋医学のしくみ 

関連書籍

 日本医療企画「標準治療(寺下医学事務所)」

出版社:日本医療企画[link]
編集:寺下 謙三
価格:5,142
収録数:1787疾患
サイズ:21.8x15.6x6.6cm(A5判)
発売日:2006年7月
ISBN:978-4890417162

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト