MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

標準治療(寺下医学事務所)病名 > 感染症内科

EBウイルス感染症(伝染性単核球症)
【いーびーういるすかんせんしょう(でんせんせいたんかくきゅうしょう】

Epstein-Barr Virus Infection

 伝染性単核球症は、EB(エプスタインバー)ウイルスというヘルペスウイルス群に属するDNAウイルスが、ヒトのBリンパ球に感染することによって起こされます。このウイルスは世界中に広く分布し、健康なヒトの咽頭に生息し、唾液中に現れ、主としてキスによって伝播されるので、「kissing disease」の名があります。まれに輸血により伝播されます。
 EBウイルスはアフリカに多いバーキットリンパ腫や中国でみられる鼻咽頭ガンに関連しています。発熱、扁桃(へんとう)炎、リンパ節腫脹(しゅちょう)を主な症状とする疾患は、伝染性単核球症(infectious mononucleosis:IM)と呼ばれてきました。わが国ではEBウイルスの初感染は普通幼児期にあり、大部分が不顕性感染です。最近は、思春期での初感染も多くなっています。本症の発症に季節は関係ないようです。




日本医療企画 (著:寺下 謙三)
「標準治療(寺下医学事務所)」
JLogosID : 5035244

関連電子書籍

私を救う医者はどこ?
【著者より】病の恐れをひとり抱えている時、身内に重病の患者が出た時、あなたは何を頼りにしますか。特効薬?最新設備の病院?何より大切なのは、あなたの決断を親身になってサポートする医療判断医なのです。…

【辞典内Top3】 腹腔鏡下手術(腹腔鏡下胆嚢摘出術〈Lap-C、ラパコレ〉)  両側性  神経脱落症状  
【関連コンテンツ】

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト