MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

標準治療(寺下医学事務所)病名 > 消化器

腹膜炎
【ふくまくえん】

Peritonitis

腹膜炎

 腹膜という腹部の内臓の表面や腹壁の内面を覆っている薄い膜(漿膜〈しょうまく〉)の炎症により起こる病気です。炎症は細菌や化学的刺激によって起こります。多くは、急激に症状がでて、急速に全身状態が悪化する急性腹膜炎で、時に結核性のように徐々に腹水がたまったり癒着が起こるという、ゆっくりと経過する慢性腹膜炎がみられます。
 急性腹膜炎は、腹腔(ふくくう)内臓器の炎症や穿孔(腸などに孔があくこと)に続いて発症する続発性腹膜炎が多く、まれに穿孔などなく発症する原発性腹膜炎があります。
 病巣の範囲により、限局性と汎発性に分類されます。限局性腹膜炎は膿(うみ)などが一部の内臓などで囲まれ、炎症が小範囲に限局しているもの、汎発性腹膜炎は、炎症が腹腔内の広い範囲に広がっているものを指します。
 よくみられる重要な腹膜炎は、急性・続発性・汎発性・化膿性腹膜炎です。一般に腹膜炎という時、多くはこの病態を指しています。虫垂炎の炎症が進んで穿孔したり、胃・十二指腸潰瘍(かいよう)の穿孔、大腸憩室(けいしつ)の穿孔などにより発症します。その他にも外傷による消化管穿孔、胃腸の手術後に吻合(ふんごう)部(つなぎ合わせた部分)から消化液が漏出する縫合不全などで起こります。
 小児では大網の発達が弱いため炎症が限局しにくく、汎発性腹膜炎になりやすいので注意が必要です。
 女性に特有の骨盤内腹膜炎は、様々な菌が子宮から卵管を通して腹腔内に感染する腹膜炎で、淋菌やクラミジアの感染でもみられます。




日本医療企画 (著:寺下 謙三)
「標準治療(寺下医学事務所)」
JLogosID : 5035115

関連電子書籍

私を救う医者はどこ?
【著者より】病の恐れをひとり抱えている時、身内に重病の患者が出た時、あなたは何を頼りにしますか。特効薬?最新設備の病院?何より大切なのは、あなたの決断を親身になってサポートする医療判断医なのです。…

【辞典内Top3】 腹腔鏡下手術(腹腔鏡下胆嚢摘出術〈Lap-C、ラパコレ〉)  両側性  神経脱落症状  
【関連コンテンツ】

関連辞書

薬局にあるクスリ辞典 東洋医学のしくみ 

関連書籍

 日本医療企画「標準治療(寺下医学事務所)」

出版社:日本医療企画[link]
編集:寺下 謙三
価格:5,142
収録数:1787疾患
サイズ:21.8x15.6x6.6cm(A5判)
発売日:2006年7月
ISBN:978-4890417162

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト