MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

標準治療(寺下医学事務所)病名 > 話題の疾患

鼠径ヘルニア(日帰り手術)
【そけいへるにあ(ひがえりしゅじゅつ)】

Inguinal Hernia

 最近、医療技術の進歩に伴い、入院をせずに治療を行う日帰り手術が注目されています。日帰り手術のメリットは、入院による時間的拘束の大幅な短縮、精神的・肉体的負担の軽減に加えて、経済面でも入院に比べて少ない費用で済みます。また、体の負担を最小限にした手術であるため治癒が早く、日常生活、仕事のへの復帰が早まる点があげられます。
 日帰り手術が可能な疾患としては、痔の手術、体外衝撃破砕療法(腎結石など)、内視鏡的ポリープ切除術、白内障手術、腹腔鏡による(胆石・胆嚢ポリープ等)手術(実際には、一晩入院のことが多い)などがあげられますが、その中でも代表的な鼠径ヘルニアについてご紹介いたします。
 「ヘルニア」とは、体の壁の構造に異常を生じて、体の中のものが脱出してくる状態をいいます。その結果、体表面などに膨らんだ所見を現してくることになります。その状態が鼠径(そけい)部(股の付け根)に生じると、「鼠径ヘルニア」ということになります。鼠径部は、お腹の壁(腹壁)が大腿部へ移行していく部位で、筋膜構造の弱い部分が構造的に存在します。2足歩行をする人間では、腹圧が最もかかる場所でもあり、成人の鼠径ヘルニアは、そのために発生してくるともいえます(小児の場合は、先天的〈生まれつき〉要素が原因と考えられています)。
 その筋膜構造の弱いところが、ヘルニアの出口(ヘルニア門)となります。お腹の中の臓器が、お腹の膜(腹膜)をかぶって出てくることになります(ヘルニアサック)。出てくる臓器は、大網(たいもう:胃や大腸に付着する脂肪組織)や腸管(小腸、大腸)であることが多く、ヘルニアが大きくなれば、腸管が出たり入ったりするようになります。そのために一昔前は「脱腸」といわれたわけです。
 小児期の鼠径ヘルニアは、生まれつき(先天的)のものがほとんどです。母親の胎内で鼠径部の構造ができる時に、引っ込むべき腹膜の出っ張りが、いわば置き去りになったままで、ヘルニアサックになってしまう場合です。それに対して、成人の鼠径ヘルニアは、鼠径部の構造の弱みを突いて出てくるといえます。ですから、ある程度の年齢(40歳代、50歳代以降)から発生頻度が多くなります。また、男性のほうが鼠径部に構造的な弱点を持っているので、成人鼠径ヘルニアの大部分(90%以上)は男性の方です。
 つまり、鼠径ヘルニアは、人類が存在する限り、なくならない病気といえます。




日本医療企画 (著:寺下 謙三)
「標準治療(寺下医学事務所)」
JLogosID : 5035005

関連電子書籍

私を救う医者はどこ?
【著者より】病の恐れをひとり抱えている時、身内に重病の患者が出た時、あなたは何を頼りにしますか。特効薬?最新設備の病院?何より大切なのは、あなたの決断を親身になってサポートする医療判断医なのです。…

【辞典内Top3】 腹腔鏡下手術(腹腔鏡下胆嚢摘出術〈Lap-C、ラパコレ〉)  両側性  神経脱落症状  
【関連コンテンツ】

関連辞書

薬局にあるクスリ辞典 東洋医学のしくみ 

関連書籍

 日本医療企画「標準治療(寺下医学事務所)」

出版社:日本医療企画[link]
編集:寺下 謙三
価格:5,142
収録数:1787疾患
サイズ:21.8x15.6x6.6cm(A5判)
発売日:2006年7月
ISBN:978-4890417162

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト