MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

JLogos自然・科学 > 山岳・地形

大涌谷
【おおわくだに】

大涌谷

火山活動によって生まれた神奈川県箱根町のにある場所。約3000年前の箱根火山の水蒸気爆発と、約2900年前の小規模な火砕流によってできた、山砕屑物と山崩れによる堆積物の間のエリアを指す。もともとは「大地獄」と呼ばれていたが、1873年8月5日の明治天皇・皇后のご訪問の際「大涌谷」に改称。
大涌谷周辺は今なお火山活動が続いており、火山性ガス(硫化水素、二酸化硫黄)発生、噴煙が上がっている。
2015年5月気象庁は、4月26日以降大涌谷付近で火山性の地震が増えていると発表、現地調査などを経て噴火警戒レベルを、平常を示すレベル1からレベル2に引き上げた(2015/5/7現在)




JLogos編集部
Ea,Inc. (著:JLogos編集部)
「JLogos」
JLogosID : 12665569


【辞典内Top3】 蛟竜雲雨を得ば池中の物にあらず  美点凝視  弔祭料  
【関連コンテンツ】

関連書籍

 Ea,Inc.「JLogos」

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト