MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

JLogos社会 > 行政・仕組み

噴火警戒レベル
【ふんかけいかいれべる】

噴火警戒レベル

気象庁が発表する火山活動の状況に応じて「警戒が必要な範囲」と防災機関や住民等の「とるべき防災対応」を5段階に区分して発表する指標。2007年12月より、火山活動度レベルに代わって、噴火警戒レベルが運用されている。
レベル1:平常(火山活動は静穏)
レベル2:火口周辺規制(火口周辺に影響を及ぼす噴火が発生、あるいは発生が予想される)
レベル3:入山規制(居住地域の近くまで重大な影響を及ぼす噴火が発生、あるいは発生が予想される)
レベル4:非難準備(居住地域に重大な被害を及ぼす噴火の発生が予想され、可能性が高まってきている)
レベル5:非難(居住地域に重大な被害を及ぼす噴火が発生、あるいは切迫している状態にある)




JLogos編集部
Ea,Inc. (著:JLogos編集部)
「JLogos」
JLogosID : 12665568


【辞典内Top3】 蛟竜雲雨を得ば池中の物にあらず  弔祭料  キーデバイス  
【関連コンテンツ】

関連書籍

 Ea,Inc.「JLogos」

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト