MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

JLogos自然・科学 > 植物

はっさく
【はっさく】

はっさく

1860年頃、広島県因島市の恵日山浄土寺に偶然実生したものを住職が発見し、旧暦8月1日より食べられることから「八朔(はっさく)」と命名。1月から市場に出回るが、最盛期は2月~4月。ヘタが枯れておらず、皮に張りとツヤがあり、持った時に重みを感じるものがおいしい。




JLogos編集部
Ea,Inc. (著:JLogos編集部)
「JLogos」
JLogosID : 12665456


【辞典内Top3】 蛟竜雲雨を得ば池中の物にあらず  美点凝視  弔祭料  
【関連コンテンツ】

関連書籍

 Ea,Inc.「JLogos」

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト