MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

JLogos登録語 > 一般

ピラフとチャーハンの違い

ピラフは西アジア地方で生まれた家庭料理で、洗った生米とタマネギのみじん切りをバターで炒め、塩・胡椒を加えて炊き上げる。

一方のチャーハンは中国で、不意に訪れた来客をもてなすため、冷飯とありあわせの材料を炒め供する料理として発展した。

つまり、ピラフは下準備として生米を炒めた上で炊くのに対し、チャーハンはすでに炊きあげた米(しかも冷めてしまった冷飯)を炒める料理なのだ。この炊く・炒める順序の違いが両者の最大の違いといえる。

これまでピラフという名のチャーハンや、チャーハンという名のピラフを作っていた方は、ぜひこの順序にこだわっていただきたい。きっとよりピラフらしく、チャーハンらしく仕上がるはずだ。




JLogos編集部
Ea,Inc. (著:JLogos編集部)
「JLogos」
JLogosID : 12660164


【辞典内Top3】 弔祭料  ガラ・パーティー  美点凝視  
【関連コンテンツ】

関連書籍

 Ea,Inc.「JLogos」

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト