MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

ワールドカップ予選をめぐる64の話〜キーワード集5章「サッカーに必要な15の鉄則」 >

イングランドのゴール

ワールドカップ1966イングランド大会の決勝戦はイングランド対西ドイツ。前半12分に西ドイツのFWハーラーが先制点を挙げると、その6分後にはイングランドが1―1の同点に追いついた。DFムーアがドリブルで相手陣まで前進したところをファウルされ、笛が吹かれる。立ち上がったムーアは、ボールを置き、顔を上げると、ワンステップで西ドイツのペナルティーエリアにボールを送った。西ドイツの選手たちは誰もこのプレーに気づかず、走り込んだFWハーストが完全なフリーでヘディングシュートを決めた。ムーアとハーストはウェストハムのチームメートでもあり、ウェストハムではしばしばこうしたクイックFKを行っていた。ムーアが顔を上げた瞬間に、ハーストはムーアの意図をくみ取り、タイミングを逃さず走り込んだのだった。




あすとろ出版 (著:)
「ワールドカップ予選をめぐる64の話〜キーワード集」
JLogosID : 8548062


【辞典内Top3】 左利き  時間の浪費  プレミアリーグ  
【関連コンテンツ】

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト