MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

ワールドカップ予選をめぐる64の話〜キーワード集4章「岡田武史、世界を驚かせ…」 >

イングランド対ハンガリー(1953年)

1953年11月25日、ロンドンのウェンブリーで行われた親善試合。このときまで、イングランドはスコットランドなど英国内の協会の代表チーム以外、ホームで負けたことがなかった。しかしこの日、キャプテンのプスカシュを中心とするハンガリーは見事なパスサッカーでイングランドを圧倒、6―3というスコアで勝利を収めた。自他ともに認める「世界の王者」だったイングランドが世界のサッカーの進歩に目覚め、ヨーロッパや南米からも学ぶものがあると気づいたのはこの試合からだった。なお、この親善試合の「リターンマッチ」は翌54年5月にブダペストで行われ、7―1でハンガリーが勝った。




あすとろ出版 (著:)
「ワールドカップ予選をめぐる64の話〜キーワード集」
JLogosID : 8548055


【辞典内Top3】 左利き  時間の浪費  プレミアリーグ  
【関連コンテンツ】

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト