MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

ワールドカップ予選をめぐる64の話〜キーワード集4章「岡田武史、世界を驚かせ…」 >

釜本邦茂
【かまもとくにしげ】

日本サッカー協会名誉副会長。日本サッカー史上最高のプレーヤーで、1968年のメキシコ・オリンピックで7ゴールを挙げ、得点王に輝き、日本を銅メダルに導いた。1944年4月15日、京都府京都市生まれ。早稲田大学在学時に日本代表に選ばれ、64年東京オリンピックに出場。卒業後ヤンマーディーゼル(現在のセレッソ大阪)に入社、84年に引退するまで、日本サッカーリーグで出場251試合、202得点、日本代表Aマッチ出場76試合、75得点を記録。確固たる「得点の形」をもち、右足(利き足)でも左足でも、ヘディングでも正確で強烈なシュートを放った。海外クラブでプレーする機会は訪れなかったが、もし実現していたら、時代を代表するスターのひとりになったと思われる。引退後はヤンマーの監督に専念、Jリーグスタート時にはガンバ大阪の監督を務めたが、監督としては成功しなかった。




あすとろ出版 (著:)
「ワールドカップ予選をめぐる64の話〜キーワード集」
JLogosID : 8548060


【辞典内Top3】 左利き  時間の浪費  プレミアリーグ  
【関連コンテンツ】

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト