MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

東京-五つ星の蕎麦コラム > そばの愉しみ

そば猪口と汁徳利

そばとは、不思議な食べものだ。随分と辺鄙な山家でふるまわれても、かなり高級で豪華な席上でも、そのありようは、ちゃんと場所を得て、すこしも外れない。

元来は地味で質素な食べものなのだから、使う食器は、華麗・豪華になんぞ、なりようがない。そばの端正さを活かすには、どのような席でも、食器はできるだけ装飾性を排したものがよい。

そばにつかわれる食器は、基本的には、せいろ、そば猪口、汁徳利だろう。せいろは置くとして、そばつゆを容れるそば猪口、大体は伊万里焼で、その図柄は山川草木に始まり、さまざま。また、土ものも時折見かける。そばは箸で摘んで一口ですすれる量を汁に浸して食べるから、そば猪口は必ず筒状で手に持てる大きさということになる。皿状や椀状ではいけない。

汁徳利は、伊万里または土ものと、これも大体そば猪口と同じだ。ただし、わたしには注文がある。汁が後ろにまわらぬようにしてほしい。お盆の上や卓上が、まわった汁でべちゃべちゃしているのは閉口だ。

先日、錫の食器の展覧会で聞いた話。錫の酒器は、酒の味をたいへん良くするそうだ。また大阪のあるうどん屋では、汁を一晩、錫の鍋に入れて寝かせておくとこれが美味しくなるとか。

で、提案だが、錫の汁徳利をつかってみてはどうだろう。汁の回らない錫の汁徳利のなかで、そばつゆにうま味が増し加えられ、端正なそばきりには、艶を消した錫の光は、似合うのではないかなあ、と思うのだが。




東京書籍 (著:見田盛夫/選)
「東京-五つ星の蕎麦」
JLogosID : 14071331

【お隣キーワード】艸菴  古祁庵  汁と薬味  そばの色香  
【辞典内Top3】 神田尾張屋本店  越前屋  天笑  

この辞典の個別アプリ

東京五つ星の蕎麦
老舗から新鋭店まで、都内と近県の118の名店を料理批評家・見田盛夫が厳選し紹介。蕎麦店のガイドブックアプリ。

関連辞書

東京五つ星の鰻と天麩羅 東京五つ星の肉料理 東京五つ星の魚料理 東京五つ星の中国料理 全国五つ星の手土産 

関連書籍

 東京書籍「東京-五つ星の蕎麦」

出版社:東京書籍[link]
編集:見田盛夫/選
価格:1,836
収録数:217軒
サイズ:19.8 x 12.2 x 2.2cm()
発売日:2006-12-01
ISBN:978-4-487-80147-3

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト