MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

東京-五つ星の蕎麦伝統の味を守る歴史ある名店11軒 > 中央区

薮伊豆総本店
【やぶいずそうほんてん】

「落語とそばの会」も開かれる

薮伊豆総本店

江戸時代末期から、すでに京橋で繁盛していたそば屋「伊豆本」が、明治15年(1882)にかんだやぶそばの暖簾に包含された。そこで伊豆本の伊豆に「薮」をつけ、以後、「薮伊豆」となって今日まで続き、現当主の野川喜央さんで六代目を数える

昭和30年、四代目喜八に藍綬褒章、平成3年に五代目康昌に勲三等が授与されたが、「そんな祖父や父に跡を継げと言われたことはありません」と喜央さん。大学卒業後、某デパートに勤務していたが、「ただ薮伊豆の歴史を守るために」昭和58年(1983)から薮伊豆の仕事に専念することになった。

平成8年、店を京橋から現在地に移した。平成13年には店の入り口脇に粉挽き小屋を建て、蟻巣石と呼ばれる最高の石臼を購入し、主人自ら自家製粉を開始した。この石臼を使うと、そば粉のダメージの原因となる粉焼けをおこさないという。

〝安く、おいしい〟をモットーに、その日挽いた粉を、その日のうちに打って、茹でたてを出す。

そばは二八で打ち、たんぱく質の多い甘皮も含まれているので、甘みがあり栄養価も高い。老舗の看板にとらわれず、せいろ420円と安価。味の源ともいうべき水は、麺を打つときも茹でるときも、つゆもお冷も、すべてマイナスイオン水を使用。そばつゆも、吟味した鰹節でダシをとった手を抜かない味に仕上げている。

薮伊豆のビルは鉄筋9階建て。そのうち3階までが店舗になっていて、1階は小ぢんまりとした雰囲気のテーブル席のみ。2階は少し広めのテーブル席のほか、掘りごたつ式の小上がりがあり、3階は床の間付きの座敷。店内は和風情緒たっぷりだ。

3階の座敷では平成10年3月から奇数月ごとに「落語とそばの会」を開催しており、すでに50回を超えた。この会は、先代が故柳家小さんの後援会長をしていた縁で始まり、高座に上るのはいつも柳家花緑(小さんの孫)だ。花緑の落語を至近距離楽しみ、そば会席を味わう粋な時間が過ごせる。毎回好評なので、予約は早めに。




東京書籍 (著:見田盛夫/選)
「東京-五つ星の蕎麦」
JLogosID : 14071205

【お隣キーワード】永坂更科 布屋太兵衛  総本家 更科堀井  室町 砂場  並木藪蕎麦  
【辞典内Top3】 神田尾張屋本店  越前屋  天笑  

この辞典の個別アプリ

東京五つ星の蕎麦
老舗から新鋭店まで、都内と近県の118の名店を料理批評家・見田盛夫が厳選し紹介。蕎麦店のガイドブックアプリ。

◆「薮伊豆総本店」がよく分かる関連まとめ


関連辞書

東京五つ星の鰻と天麩羅 東京五つ星の肉料理 東京五つ星の魚料理 東京五つ星の中国料理 全国五つ星の手土産 

関連書籍

 東京書籍「東京-五つ星の蕎麦」

出版社:東京書籍[link]
編集:見田盛夫/選
価格:1,836
収録数:217軒
サイズ:19.8 x 12.2 x 2.2cm()
発売日:2006-12-01
ISBN:978-4-487-80147-3

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト