MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

旬のうまい魚を知る本 >

▼花咲港沖のハナサキガニがおいしいわけは?

目の前に歯舞諸島が浮かぶ根室市は、ハナサキガニの本場である花咲漁港を抱える。この町のハナサキガニ料理はさすがに目を見張るものがある。ぼくがそのうまさを再確認したのは、根室市街にある料理旅館「花えん亭」。女将の汐谷いく子さんは実家が水産加工場を経営していたこともあり、十代のころから包丁を持ち続けてきた。「ここらではコンブガニと呼ぶほど、ハナサキガニはコンブが大好物です。花咲港の沖にはおいしいハボマイコンブのコンブ場があり、これを食べて成長するから、ここのカニはとてもおいしいのですよ」。




東京書籍 (著:東京書籍)
「旬のうまい魚を知る本」
JLogosID : 14070555


【辞典内Top3】 サクラエビ  ▼周防灘産は一目で見分けられる  ▼壱岐の郷土料理「イカよごし」のおおらかな味わい  
【関連コンテンツ】

関連辞書

すし手帳 築地辞典 東京五つ星の魚料理 

関連書籍

 東京書籍「旬のうまい魚を知る本」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京書籍
価格:1,836
収録数:650匹
サイズ:18.6x13x2cm(四六判)
発売日:2002年8月
ISBN:978-4487797776

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト