MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

旬のうまい魚を知る本 >

▼クエはアラか? モロコか?

「幻のクエ」といわれる。店先で見かけることはごく少なく、食べるチャンスめったにない。体色は淡い黄褐色。体側に6本の褐色の帯が斜めに走る。老成魚になると縞が消える。同じハタ科のマハタとよく似ているため、混同されることがしばしばある。まぎらわしいことに、マハタの若魚にも7~8本の暗褐色の帯があり、成長につれて消えるのだ。高知ではハタ科の魚を総称して「クエ」と呼んでいるから、ますますややこしい。クエとマハタを見分けるポイントは尾ビレにある。マハタの尾ビレは後縁が白く、クエにはその白縁がない。
クエの老成魚をモロコと呼ぶ土地がある。関東では若魚でもクエとはいわずにモロコ。関東のモロコとクエは別種という人もいるが、これは未だに確認できないでいる。九州ではクエをアラと呼ぶ。そう、大相撲の九州場所中に力士たちが好んで食べるアラ鍋のアラだ。ただし標準和名がアラという美味な巨大魚がほかにいるもんだから、よけいにこんがらがってくる。




東京書籍 (著:東京書籍)
「旬のうまい魚を知る本」
JLogosID : 14070505


【辞典内Top3】 ▼強烈なヌメリを取り除く効果絶大な方法  ▼船上はハタハタの精液でまっ白  ソイ  
【関連コンテンツ】

関連辞書

すし手帳 築地辞典 東京五つ星の魚料理 

関連書籍

 東京書籍「旬のうまい魚を知る本」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京書籍
価格:1,836
収録数:650匹
サイズ:18.6x13x2cm(四六判)
発売日:2002年8月
ISBN:978-4487797776

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト