MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

旬のうまい魚を知る本 >

▼絶品! カワハギの肝ごと煮付け

民宿「げんべい」のおかみさんが作ってくれたカワハギの肝ごと煮付けが絶品だった。そう、先ほどシウリガイの匂いにだまされてパッチンにはまったやつが、皮をむかれて1尾丸のまま甘辛く肝ごと煮付けにされていた。網にかかってからの時間が経っていない。釣りほど魚を苦しませない。がま口漁によるカワハギは、ストレスのないまま活き締めにされるからまずいはずがない。大好物の肝をほおばると、濃密にして軽快な味が口中を襲ってきた。身をつまめばギシギシと音を立てるような歯ざわり。新鮮な証拠である。この肝と身の取り合わせの妙が、カワハギ肝ごと煮付け料理の真骨頂であろう。パッチンのお陰だ。




東京書籍 (著:東京書籍)
「旬のうまい魚を知る本」
JLogosID : 14070502


【辞典内Top3】 ▼強烈なヌメリを取り除く効果絶大な方法  ▼船上はハタハタの精液でまっ白  ソイ  
【関連コンテンツ】

関連辞書

すし手帳 築地辞典 東京五つ星の魚料理 

関連書籍

 東京書籍「旬のうまい魚を知る本」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京書籍
価格:1,836
収録数:650匹
サイズ:18.6x13x2cm(四六判)
発売日:2002年8月
ISBN:978-4487797776

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト