MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

旬のうまい魚を知る本 >

▼パッチンしては上げ、下ろしてまたパッチン

がま口漁の船に乗せてもらった。漁場に到着すると、酒井さんはシウリガイを木槌で殻ごとつぶして、がま口の中に吊るした網袋に詰め込んだ。「これでカワハギを誘います」。がま口を海底まで下ろし、あとはカワハギを待つだけ。魚がはいったかどうかは、勘だけがたよりだ。4~5分待って、がま口の縁に結んだロープを引っぱってパッチン。あとはゆっくりと手繰(たぐ)るだけ。網の中にはさまっているはずのカワハギが見えない。再び海中へ投入し、時間を見計らってまたパッチン。これを何回も繰り返すこんなひどく素朴な漁法にだまされる悠長なカワハギがいるのだろうか……。見ているこちらが不安になってきた。
「潮がいいときは、網を上げるたびに数尾はいっていることもあるよ」と酒井さんは自信たっぷり。でも、何回繰り返しても、ときどきウツボや名前も知らない小魚が上がるだけだ。午後になって「やっと潮が動き出したよ」ということで、カワハギがエサに誘われはじめた。パッチンするたびに1、2尾ずつ姿を見せ、この日の漁獲は十数尾。効率は悪くない。




東京書籍 (著:東京書籍)
「旬のうまい魚を知る本」
JLogosID : 14070501


【辞典内Top3】 ▼強烈なヌメリを取り除く効果絶大な方法  ▼船上はハタハタの精液でまっ白  ソイ  
【関連コンテンツ】

関連辞書

すし手帳 築地辞典 東京五つ星の魚料理 

関連書籍

 東京書籍「旬のうまい魚を知る本」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京書籍
価格:1,836
収録数:650匹
サイズ:18.6x13x2cm(四六判)
発売日:2002年8月
ISBN:978-4487797776

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト