MENU
    全辞書一括検索 by JLogos

旬のうまい魚を知る本 >

▼タコは臆病だけれど間抜けではない

イタリアやスペインなどを除き、欧米ではタコを食べない。海の向こうでは悪魔と呼ばれたり、どん欲の権化、臆病、間抜けといわれ、いい印象は少しもない。臆病なのはそのとおり。見たとおりにむき出しの体だ。貝と違って身を守る殻もなければ、魚みたいなウロコもない。鋭い歯を持った魚に狙われたら、たまったものではない。昼は保護色で岩のあいだに隠れ、夜になったら動きだしてエビやカニをからめ取る。臆病だけれど間抜けなんてとんでもない。
所変われば、タコの印象も変わる。わが日本ではけっして悪いイメージではない。全国に蛸薬師が散在するのも、古くからタコが親しまれていたからだ。タコには吸盤があり、そのため蛸薬師は吹き出物やいぼなどを取り除いてくれると信じられているのだ。またタコは目がいいことから、目の病にも効くとされる




東京書籍 (著:東京書籍)
「旬のうまい魚を知る本」
JLogosID : 14070435


【辞典内Top3】 ▼強烈なヌメリを取り除く効果絶大な方法  ▼船上はハタハタの精液でまっ白  ソイ  
【関連コンテンツ】

関連辞書

すし手帳 築地辞典 東京五つ星の魚料理 

関連書籍

 東京書籍「旬のうまい魚を知る本」

出版社:東京書籍[link]
編集:東京書籍
価格:1,836
収録数:650匹
サイズ:18.6x13x2cm(四六判)
発売日:2002年8月
ISBN:978-4487797776

JLogosPREMIUM(100冊100万円分以上の辞書・辞典使い放題/広告表示無し)は各キャリア公式サイトから

             × 閉じる

収録辞書全リスト